2017-04-25 17:05 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

●材料●

↓寄り前

セック
JAXAと「機械学習を用いた運用データの解析による宇宙機の故障解析」について共同研究を開始します
→朝一ちょい反応でダメだったのになぜか後場急騰から行って来い+5%

IIF
名古屋鉄道株式会社との業務提携及び合弁会社設立に関するお知らせ
→寄らずのストップ高

FDK
FDK、電池生産拠点を統合 ソニーなどから株取得
→+9%

アエリア
A3!セルラン7位とA3!LINEスタンプ
→+15%

ファイズ
遠州トラック
ヤマト、9月にも5~20%値上げ  消費者向け27年ぶり、大口は上げ幅大きく
ファイズ +10%
遠州トラック +1.3%

↓寄り後

西菱電機
11:00 LTE対応の車載型業務用IP無線機 「SoftBank 601SJ」を発売
→ストップ高までいくも行って来い+3%

ぴあ
12:30 ぴあ、個人情報15万件流出か カード不正利用630万円 プロバスケサイトにサイバー攻撃
→-5%

●●●●

北朝鮮の記念日無事通過で、やっと日経、新興含めた全面高が来ました。
てか、将軍様ビビってますね。
中国の説得(脅し?)が功を奏したのか、核実験はしなかったようです。

日経 +1%
マザーズ +1.6%


しかし・・・新興にマネーきたのはいいのですが、直近IPOセクターやソシャゲセクターという足が速くて続かないセクターばかり上がっていました・・・

ペッパーがまさかここから爆上げするとは・・・また逃したお・・・
メディアドゥは買い戻したけど、株数が半分・・・

そうそう、ショートは朝低い内に全撤退。
危ない危ない。

所で今日IPOのアセンテックは小型のIT企業ですから当然寄りませんでした。

吸収金額9.20億円
時価総額30.3億円

※第二位株主にVCがいて、260,000株ほどもってて、ロックアップも1.5倍解除なので普通に売って売ると思います。

業務内容は
「仮想デスクトップに関連する製品開発、販売及びコンサルティングサービスの提供」
で、IT詳しい人は馴染みがありますが、そうでない人には「???」だと思います。

仮想ディスクトップというのは、自分のパソコンに仮想PC環境を作る事です。
例えば、塩漬けマンがやってたのは、Webアプリ開発してて、Winodwsサーバが必要だった時に、自分のPCに仮想環境でWindowsサーバを立ててテストしていました。

PC1台の中に何個でも仮想PCを作れるのです。
知り合いのネットワーク技術者は、自分のPC1台の中に10台ぐらい仮想PCを構築して、ネットワーク構成のテストをしていました。
勿論、10台分のPCが1台のPCの中にあるので、スペック無茶苦茶使いますけど・・・

よくあるのは、WinodwsとLinux両方使いたいけど、PC1台しかない場合に、1台のPCの中にWindowsとLinux(どちらかが仮想ディスクトップ)を両方入れます。

後、この会社がやってるので特筆すべきはシンクライアントです。
シンクライアントというのは、クライアント側には必要最低限の機能(ネットワーク機能とアウトプット、インプットとOSが動く程度のCPU・メモリ)だけあって、データはOSごとクラウド(サーバ)側にあり、処理すらもクラウド側で行うPCの使い方です。

こうするとパソコン盗まれても大丈夫です。
だってデータはサーバにありますから。
サーバだけ守ればいいので、セキュリティ対策も行いやすいです。

セキュリティが大事で、簡単で必要最低限のPCの使い方しかしない病院等では結構流行っています。
塩漬けマンもシンクライアントを導入した病院に仕事で行きましたが、言われないとシンクライアントと気づかないぐらい、普通のPCでした。
「え?これネットワーク越しにサーバで処理されてるの???普通のPCと変わらない」
って思いました。

そして5Gが実用化されれば、おそらくシンクライアントは一般でも流行る・・・というか、これからのスタンダードになると思います。
だって、しょぼいシンクライアント端末さえあればどこでも自分のPCの環境が使えるのです。

要はPCのデータをOSごと、クラウドでダウンロードして世界中どの端末でも使えるって事です。
勿論処理もクラウド側でやってしまうので、モバイルシンクライアント端末のスペックは求められないため、モニター機能や軽さ重視で設計出来ます。

例えば皆さん家で自分のPCでトレードしてると思いますが、外出時とか、ノートパソコンで環境が違うので大変かと思います。
これをシンクライアントにしてたら、外出時でもモバイルシンクライアント端末でいつも家でやっている環境でトレード出来ます。
※勿論複数モニター使ってる人とかは、その環境は再現出来ません。

こう聞くと、アセンテック投資的に長期で買いかと勘違いするかもしれませんが、塩漬けマンはマネゲ以外では絶対に買いません。
だって、アセンテック卸売です。
他社が作った仮想ディスクトップやシンクライアント商品を売ってるだけです。
儲からない(=成長も遅い)です。
しかも、仮想ディスクトップもシンクライアントもフリーソフトがあります
塩漬けマンがやるなら勿論フリーソフトで自分で無料で環境構築します。

公募価格でPER約18倍で、それすら高すぎます。
卸売ならPER10倍以下が適正です。
ただし、IT企業でコンサルもやってる事も加味してのPER設定かなと思います。

ですので、多分3倍(6000円)とかで寄ると思いますが、IPOマネゲで短期で上げる事はあっても、長期では2000円目指して下がり続ける可能性が高いので、上で捕まって塩漬けは絶対にしてはいけません。

しかし、今現在IPO銘柄が常識外に上げまくっているように、短期ではマネゲで暴騰はありえる吸収金額と時価総額ですから、マネゲと割り切って乗るのはありです。

なんと、引け後にベジ氏が富士通が降参してるのに、ソレキアのTOB価格を引き上げてきました。
ベジ氏 2800円→3700円→4500円→5300円(確定)5450円(確定)
富士通 3500円→4000円→5000円(確定)
理由が、「JCしちゃった欲深なおっちょこちょいを助けるため」???ってツイッターで流れてきましたが、本当?!

●ホールド中銘柄含み損益●
クルーズ -4,830 反発あまりしてないので思わず乗船しちった
DMP -26,522
メディアドゥ +28,086 朝一で乗りたかった
セレス -15,090
ケイブ +85,938
オハラ +66,497
グリーンズ +103,864 直近IPO盛り上がってるのにここはジワジワ・・・でも暴落もないからOK
プラズマ +168,300
GSIクレオス +178,900

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2017-04-24 16:04 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

中道でEU支持派のマクロン前経済相が852万票余りで得票率が23.86%
極右政党・国民戦線のルペン党首が765万票余りで21.43%

5/7の決選投票へ

フランス選挙の結果を受けて日経↑で始まったのに、新興の気配があまり高くない・・・
とりあえずフランス懸念はもうなくなったでいいと思います。
決戦投票はマクロンでしょう。
世論調査通りの結果となりました。
結果、日経↑新興↓塩漬けマンのポジション売り買い両方でやられる展開・・・

日経平均 +255 +1.37%
マザーズ -20 -2%

これはもう先週全決済してノーポジで一足早いGW入りしてた方が正解の奴でした。
まぁそんな事はしませんが・・・
新興どうしてすぐ腐っちゃうんだろう・・・GNIのせいとは思えないです。
てかGNIもたかだか増資で狼狽売り多すぎです。
確かにMSワラントだし、下限行使価額(340円)も低いし、約17%希薄化ですし、株価上がりまくっていたのですが、圧倒的に寄らないとは思っていませんでした。
これはPTSでストップ安で拾った勇者が勝つ展開になるかもです。
PTSやれないですし、拾う勇気もないですが。
ただ、あまり株価が下がり過ぎると、GNIも新株予約権の行使許可したくても出来なくなりますよね。
なんか色々な思惑が絡み合う修羅場となりそうです。

一応明日が北朝鮮の軍隊の記念日なのと、核実験するする言われていたからか、防衛関連が来ていました。

20170424北朝鮮核実験前日

後は秋元関連で急騰して逆日歩10倍で撃沈して、本日続落-10%とかだったenishが逆日歩(約2%)が発表されるや急騰して+5%ぐらいまでいくも-3%でした。
こういうのがあるからマネゲ銘柄の空売りは怖いですよね。
気が休まる時がないです。

金曜日ストップ高でマネゲ絶好調のレナウンも、GUから上で揉んで、昼に売り禁が出て、後場暴落して(多分逆日歩10倍がなかったから?)、終わったと思いきや、なんと後場ストップ高まで上げて、「あぁ、これ逆日歩とか関係なく売り方焼く奴か?」って思ってたら、引け前に大暴落(+31%→+8.9%)しました。
前場に空売り仕込めた人の心を折ってから暴落・・・下手したら売り方も買い方も殺される展開・・・

そんな銘柄をチラ見しながら、とりあえず塩漬けマンは以下のIRで急騰していた池上をショートで+35,948円
小型低位貸借なので凄い神経使いましたよ。180円でショートして、損切して暴落してから再インという下手糞トレードでした。
日本中央競馬会様から映像伝送システムを受注

後、以下のショートは撤退
グリー 14,034
じげん -5,757
任天堂 1,152

新興リバを信じてうまく上がる新興を底で仕込む方針は継続したいですが、こうも下げられると心も折れそうです。

●ホールド中銘柄含み損益●
DMP -40,342
セレス -28,922
ケイブ +47,722
オハラ +44,669
グリーンズ +65,643
アドテックプラズマ +132,071
メガチップ【空売】 -22,167
ファナック【空売】 -38,303
GSIクレオス +159,114
カドカワ【空売】 -1,058
ソフトバンク【空売】 -34,094
ダウ【空売】 -2,478

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2017-04-23 11:20 | カテゴリ:所見日記
昨日、勝ち方は変わり続けると書いた補足ですが、それは我々だけではありません。

機関も同じです。
少し前、99.99%勝てると話題になった、日本でも市場を席巻しているアルゴ取引をするHFT業者ですが、既にアメリカでは勝てなくなっているそうです。

高速取引に陰り フラッシュ・ボーイズに苦難の時代
ここで上げられている理由は主に以下の三つです。
・市場環境の悪化(ボラの低下)
・コスト増大(過当競争)
・スピード差があるという市場の抜け穴の改善


そりゃそうですよね・・・たったミリ秒速くするために何億円も払うのは異常です。
3ミリ秒通信を速くするためにシカゴ(先物取引所)とカータレッド(ナスダック)の間に直線的な光ケーブルを敷設した通信会社は、通信を速くするという目的のために、最短コース(=直線)で敷設するために、川があっても橋まで迂回しない、山があっても平地を迂回しない、スーパーマーケットがあっても地下利用権を買って迂回しないと、異常とも言える執念で直線光ケーブルを敷設しました。

その回線使用権の営業で証券会社等を回っていた時、
「なんでたった3ミリ秒速い回線を使うのに大金を払わないといけないんだ?」
と愚か者を見るような目できょとんとしている会社もあれば、
「素晴らしい!!是非我が社で使わせてくれ!今すぐ使わせてくれ!どれだけお金を払ってもいい、他社に使わせないでくれ!」
と感動した会社もあったそうです。
勿論後者がHFT業者です。

しかしそんなに苦労と莫大な資金を投入して敷設した光ケーブルですが、今ではそれよりも数ミリ秒速いマイクロ波を使った通信に変わっています。
そして速さを求める戦いは通信のみならず、CPU処理等にも及び、ピコ秒の戦いに突入しており、もはや投資金額が莫大になっており、上記で挙げた記事のように過当競争に耐えれなくなった業者が手を引いていっています。

ただ、歴史を振り返れば常にこの繰り返しです。
テクニカルによるシステムトレード→みんなやり出したので勝てなくなる
クオンツ→みんなやり出したので勝てなくなる
HFT→みんなやり出したので勝てなくなる
←今ココ!

結局昔から今まで長期間廃れる事なく勝ち続けれるのはファンダという落ちになります。
邪道は一時期流行っても、結局王道には勝てないということでしょうか。
※ただし、ファンダで長期投資という話になると、前書きましたが(投資・投機における三つのリスク)、時間的リスクを考慮すると真の意味で儲けているとは言えません

これからは「絶対勝てる聖杯」と流行るのはAIでしょうが、どうせAIもみんながやり出したら勝てなくなるのは目に見えています。
クオンツだって極秘で証券会社の社員ですら自社のクオンツチームが何をしているのか一切知らない状況でやっても廃れましたから、AIも極秘でやっても結局は廃れると思います。
ただAIは、テクニカルをするAI、ファンダ(ネットを利用した市場分析)をするAI、HFTをするAI、アノマリーを見つけるAI等、手法が豊富で、次々新しいAIを活用した投資法が開発されるでしょうから廃れるのは遅いかもしれませんが。。。
つまりAIって手法でなくインフラなんですよね。
まぁそれを言い出したら、テクニカルも今でも使えるし、クオンツも適正価格を見抜いたり金融商品を開発するのに使ってるし、HFTの技術も、速く注文した方が有利という事で普遍的に使える技術です。

そしてこれって「機関ざま~~~」っていう人事ではないです。
前塩漬けマンは、時間の大部分をオンラインゲームに費やしていた頃でも、兼業で農業をやっていた頃でも、頻繁に材料株マネゲでストップ高を取っていました。
多い時で、月の半分ぐらいストップ高を取った日がある頃もありました。
※上で買っているので利益は出ていなかったり、外れを引いて行って来いで大損したりもあるので、利益自体はそこまで出てなかった記憶ですが
今専業なのにあまり材料株マネゲでストップ高を取れません。
みんなやり出したからかもしれません。

ツイッターにより、
・努力をしなくても誰でも最新材料情報が取得できるようになった
・その情報の拡散スピードが上がり気が付いたら既に高値で買えない

等がそれに拍車を掛けています。

既存手法の精度の向上と同時に新たに日々進化していかなければいけないと痛感している今日この頃です(´・ω・`)ショボーン

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2017-04-22 10:55 | カテゴリ:雑談
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

勉強が出来る人には3つのタイプがあると思います。

1.地頭がいい人
2.努力する人
3.要領がいい人

株で成功するのは3だと思います。

※以下【投資に正解はないという前提】で話をしています。しかし塩漬けマンは個人的にはファンダの長期が投資における正解だと思っていますが、そういう事を言い出すと論点がズレるので、とりあえず脇に置いておいて下さい。
※投資と投機は分けて考えなければいけませんが、そこまで考慮するとこれまた論点がズレるので、とりあえず脇に置いておいて下さい。

地頭がいい人は学生時代に勉強で間違いを犯す事がなく、常にトップの成績で、当然自分は正しいのだと思うようになり、プライドも高くなるので、ほぼ投資では失敗します。
正解のない投資の世界で自分が間違っていても、高いプライドでそれを認める事が出来ず沈んでいきます。

努力する人は努力によって負けなくなるかもしれませんが、勝てるかは分かりません。
正解がない中で、努力するベクトルを間違えると大変な事になります。

要領がいい人は経験から勝つコツを掴んで勝てるようになると思います。
正解はない中で勝つコツとは何なのか・・・
矛盾しているようですが、投資に正解はないと気づくのも勝つコツだったりします。
もっと言うと、勝つコツは変化し続ける(=正解は変化し続ける)ので、投資に正解はあるけど、ないのです。
・大きく張って大損した→ポジションサイズに気を付けよう
・大きく負けて精神的に疲労した→損切は精神に異常をきたさない範囲で素早くやらないといけない
・なんか損切沢山すればするほど逆に資産は増えてる・・・損切って正義なんだ
・すぐに損切しまくって、大相場逃した・・・時と場合(市況と銘柄と材料)によっては握力も大事
・加熱した銘柄にJCして大損した→JCはやめよう→加熱する前に仕込もう
・ボラ激しい方が効率いいな・・・何がボラが大きくなるのだろう・・・時価総額が低い方が上がるな・・・貸借の方が上がるな・・・IT企業の方が上がるな・・・
・短期に業績関係ないな
・上手い人の真似しても勝てないな→誰かを信じるのではなく自分で考えよう
・煽り屋に騙された→こいつはポジショントークだけの嵌め込み屋だから信じない→優良情報だけをつぶやく人をフォローしよう
・怪しい会社が増資したら仕手株化するな→成程、増資引き受けた奴らが儲けるために相場を作るからそれを利用しよう
・なんか仕手の提灯つけるのに利用されてるメディアあるな~
・バイオとか怪しい会社って株価上がるとすぐ増資してくるな→ホールドする銘柄の財務諸表ぐらいはチェックしてお金に困ってないかチェックしよう
・お金に困ってないのに増資する酷い会社もあるな→そういう会社って特大IR出して株価釣り上げてから増資するから、特大IRには気を付けよう
・借金が多いとダメだと思ってたけど、増資に頼る必要がなく、銀行がお金を貸してくれるぐらい優良企業という見方も出来るな、特にバイオ
・勝てる方法見つけたと思ったけど間違ってた→必勝法はないから進化し続けよう
・投機ってファンダよりテクニカルより心理学が大事だな
・なんか割安株が買われてるからファンダで見抜こう→なんか出遅れが買われてるからテクニカルで見抜こう→市況に応じて色々使い分ければいいのか~
・色々使い分けてやったけど結局うまく行かないから投資法は一つに絞ろう
・短期投機で勝ち続ける事が出来ない事が分かったからファンダの長期にしよう

・・・等々、上げればキリがないですし、コツは日々変化していきます。
そしてこういうコツのほとんどは投資本には書いてないですし、書いてあっても片方の視点からの偏った見解となります。
※ファンダの本はテクニカルを否定しファンダの素晴らしさを説くし、テクニカルの本はファンダを否定してテクニカルの素晴らしさを説く。
さらに、「こうすれば勝てる」的なハウツー本や商材に至っては、「こういうやり方や考えがあるのか」という参考にはなっても、それで勝てるようになる事はありません。

まず他人とは心理状態が違うので、機械的なシステムトレードでない限り、他人の投資法の真似をしても勝てませんし、勝ててもそれは運で勝ったのであり、継続して勝てなければ意味がないです。

勿論最強は頭がいいのに謙虚で努力して、さらに要領がいい人です。
頭の良さは生まれつきなので、せめて謙虚を心がけ、努力を怠らず、要領のいい人間になりたいものです。

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2017-04-21 16:41 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

●材料●

↓寄り前

エイベックス
子会社設立に関するお知らせ
「当社は、秋元康氏が新たにプロデュースする劇団の運営及び劇団員のマネジメント等を行うことを目的」
※PTSでストップ高つけてた・・・理解不能
→寄り天+1.2%

レナウン
レナウン、低価格ブランド世界展開 中国の親会社と
→ストップ高
※ここって低位貸借だからマネゲるんですよね・・・+15%ぐらいで気づいたのになぜ買わなかった・・・というか売り向かって-34,944でした。磔の刑は免れました。損切逆指値大事♪たしかインバウンドで前大相場になった時にMAX盛り上がってる時に下方修正出して阿鼻叫喚の地獄になったんでしたっけ・・・

東洋合成
東洋合成工業 構造接着向け樹脂硬化・硬化促進剤を開発
→GUストップ高張付き

さくら
話題の「Mastodon」のインスタンスを簡単立ち上げ--さくらが専用ツール公開
さくらのVPS 在庫僅少のお知らせ(2017年4月20日19:52追記)
※Mastodonはツイッターの広告が出ない版みたいなフリーツールで、各自がサーバを立てるのですが、そのレンタルサーバにさくらのレンタルサーバが利用されているという思惑?Mastodonって各自のPCでインスタンス(サーバ)を立てれると思ってたんだけど、やっぱりサーバがいるのか~・・・まぁドメインとかグローバルIPとかの絡みでそう考えるのが普通ですが、よく知らないです。
※本格的に動き出したのは10時という事はいつもの・・・
→+15%までいくも+6%引け
※この程度の材料で上がりまくって行って来いしないのはやはり株価底値圏まで押してる銘柄は強いですね

↓寄り後

オンコリス
10:00 社長コラム
「先週4月12日に正式に日本国内での治験開始の許可」
※コラムで臨床の経過報告とは斬新ですね。でも既出情報??詳しく調べてないです
→+15%まで上げて全モの-1円引け・・・久々に酷い嵌め込みを見た

●●●●

フランス選挙は楽観視されたのか、ショートの買い戻し優勢でした。
でも塩漬けマンはしっかりヘッジで再びファナックのショート仕込んでおきました。
後やたらと強かったSUMCOは撤退-45,401円、日本郵政は朝一利確+20,537円

今日は日本一ソフトとかユークスといった狙っていたのが結構吹いてました。
チャートが底値圏を這ってる銘柄は、ちょっとした事で大幅高します。
こういうのをうまく拾いたいのですが・・・
東洋合成とかさくらがこの程度の材料で上がったのも、調整十分だったので、売り圧力が少なかったのだと思います。

しかし毎日毎日マネゲで爆益逃して辛いです。
今日はレナウンか~・・・(´・ω・`)ショボーン

ただ、昨日ストップ高の直近IPOのユザロカが-8%、enishに至ってはストップ安ですから、つくづく上がっている内の利確が大事ですが、テモナは連続ストップ高ですから、乗るのも勇気が必要で、握力の具合も難しいです・・・

なんとなくですが、ドル円が上に行きたそうなので、日経は上かもしれません。
ショート勢はうまく撤退したいです。
ショートを撤退した後は空いた資金で新興の上がる銘柄を仕込みたいです。

勿論雲行きが怪しいようならショートは増して、新興買うのはオーバーシュート待ちとなります。
臨機応変にいきたいです。

ちなみに、万が一、フランス選挙で離脱派が1・2フィニッシュして月曜日狼狽売りスタートしたら、勿論、ショート利確の上、ガッツリ新興を仕込みます。

今日は引け後にGNIが予想通りの増資を発表しました。
しかし手法がMSワラントですか・・・なんか資料の下の方、6ページの(他の資金調達方法との比較)を読むと素晴らしい増資方法のように書かれていますが、騙されないでください。
第三者割当てによる第40回新株予約権(行使価額修正条項及び行使許可条項付)の発行に関するお知らせ
MSワラントは既存株主を犠牲にする増資方法です。
MSワラントとは
そして今日の株価は-10%・・・お漏らししてないよね?

さて、増資暴落を拾うのは固い投機法です。
あのUMNですら、増資暴落を拾って利益を出しました。
勿論勇気が試されますが・・・

後気になるIRでは、ついに富士通がベジ氏に屈しました。
ソレキア株式会社普通株式(証券コード9867)に対する公開買付けに関する当社の考え
「現状の本公開買付価格を超える引上げは投資判断として合理的限界を超えるものと判断いたしました。」
しかしまだ勝負はついていません。
ベジ氏 2800円→3700円→4500円→5300円(確定)
富士通 3500円→4000円→5000円(確定)
後は株主がどちらのTOBに応じるかです。

●ホールド中銘柄含み損益●
グリー【空売】 +29,699
DMP -9,482
じげん【空売】 +3,844
セレス -10,666
ケイブ +108,584
オハラ +106,727
グリーンズ +62,503
プラズマ +180,429
ファナック【空売】 +2,265
任天堂【空売】 +39,652
GSIクレオス +129,186
ソフトバンク【空売】 -17,246

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)