2016-12-10 11:49 | カテゴリ:勉強や投資情報
『マーケットの魔術師』の感想です。
↓「先物と通貨」編はコチラ
『マーケットの魔術師』感想 「先物と通貨」その1
『マーケットの魔術師』感想 「先物と通貨」その2

「先物と通貨」の人達は
テクニカル VS ファンダ
の違いがあるだけで、後はみんな同じようなこと(詳しくは「その2」の最後のまとめ参照)を言っていたのですが、株式トレーダー編は面白いので、一人ずつ掘り下げていこうと思います。

■留意■
この本では以下の定義のようです
トレード・・・投機(短期・高頻度の傾向。ショートもする)。株価が上がるか下がるかに焦点
投資・・・ロングのみで株価よりも、良い株を保有する事に焦点

そしてこの本は「トレード」についての本です。
この点を留意して読まないと思い違いをしてしまいます。
投機に焦点を当てた本という事をお忘れなきよう。
■■■■

マイケル・スタインハルト

▼経歴▼
1940年 東欧系の両親の元にニューヨーク、ブルックリンで誕生
父は宝石商で博打中毒 貧しいユダヤ系家庭
子供の頃父がある株式を200株プレゼントしてくれた事で株式に興味を持つ
他の子供達は野球などをして遊ぶ中、彼は10代から証券会社に入り浸り、大人たちと一緒にティッカー・テープを眺めていた
時間があるときには、アニュアルレポートやS&Pの企業シートを読んでいた

1960年 19歳でペンシルバニア大学ウォートン校を卒業(2年飛び級)
アナリストとしてミューチャルファンドのカルヴァン・ブロックに勤務
ビジネス誌フィナンシャルワールドの記者として働き、ブローカーのローブローズ証券に転職(農機具と消費材のアナリスト)

1967年 スタインハルト・ファイン・バーコビッツを設立して独立(ヘッジファンドのパイオニア)
1987年 ブラックマンデーでは、会社の年間利益の全てをほんの数日で失う
1991年~1993年 年60%の成績を上げる(ソロスの次に儲けた人物となる)
1994年 31%の損失。また1991年の4月と5月に二年物米国財務省証券で不正な取引をしたとして罰金を払う
※「(不正取引を)してはいないが、してはいなかったその取引を二度としないと約束する」と言う
1995年 引退
2004年 知恵の木(WisdomTree)の取締役に就任し復帰

最も成功したユダヤ人の一人としてユダヤ社会に多大な寄付や慈善事業を行う。
そのためテロリストの暗殺リストにも載る。

▼成績▼
運営する投資顧問は21年間驚異的なリターン(年30%以上の収益率)と安定性(損失を出した年は2年でわずか2%以下))
30年間マーケットのいかなるベンチマークより遥かに高い平均年間利益率30%を達成
1967年に1ドルスタインハートのファンドに投資していれば1995年には481ドルになったという

▼手法▼
・長期の投資家(ファンダメンタルによる割安株投資)であると同時に短期のトレーダー
・逆張り
※投資については『投資で大事な20の教え』とほぼ一緒(ファンダによる割安株投資で逆張り)
※この人はファンダ投資の中でも、成長株投資は好みでないようで、成長株でも割高になってたらショートしちゃうっぽいです
・空売りも好む
・ベストの投資と思えば株式のみでなく債券、オプション、通貨等も取引する
・損切は自分のファンダによる根拠が崩れない限り絶対せず、ナンピンもする
※ブラックマンデーでも買い増して、その株を二年間保有した
※ニフティ・フィフティ相場のショートは多大な損切をした模様
・売買ルールはないし考えない
・チャートは一切見ないし、ブレイクも関係ない
※要するにテクニカル否定です

▼本著要点▼
「基本的には長期投資だが、売り抜ける事を期待してトレード(短期売買)する事はある。好材料が出る事を期待して買って翌日売り抜けたりね」
→アメリカでも材料株マネゲってあるのですね
「私のコンセプトは一般的な市場の見方と違う特異な洞察(ファンダメンタルズ分析)」
→『投資に必要な20の教え』に書いてあった二次的思考であり、逆張りをするということ
「トレードの世界には、その成否はさておき、格言があるが私はそれらに従った事はない。相場で金を稼ぐというのが私の姿勢ですから、危険な道へも喜んで踏み込む。私はいつも機関投資家が好み、その熱狂的な人気に支えられた株を(ファンダメンタル分析で割高を見抜いて)空売りするようにしいる」
「問題が起きたポジションを救うためのヘッジはしない。大抵ロング・ショート両方でやられて一つの問題が二つに増えるだけだ。問題のあるポジションをヘッジするポジションを持つよりも、問題のあるポジションに対処すべきだ」

→彼は自分の特異な洞察(ファンダメンタル分析)の根拠が崩れない限り、問題が起きても自分を信じてナンピンでポジションを増したり、損切せずにホールドし続けるタイプです。ですので、ニフティ・フィフティ相場では空売りして多大な含み損を抱えて、自己不信(PER40倍も80倍も差はないのではないだろうか・・・成長がこの常軌を逸したPERを正当化してしまうのではないだろうか・・・)におちいり、多大な損切もしたそうです。
「ストップロス注文は使わない。売買ルールもない。ブレイクも見ていない。そもそもチャートは使っていない。チャートを見ても何にもならない」
→彼はチャートによる株価水準とかには興味なく、ひたすら自分の特異な洞察(ファンダメンタル分析)による株価水準しか参考にしないようです
→著者はテクニカル派なのでこの答えが気に入らないらしくチャートは過去の情報を見るのに便利ではないかと食い下がるが彼は「私ぐらいよく株を見ていれば、水準、トレンド、レンジ等々感覚で分かる」と皮肉で一蹴
「トレードルール(損切りや利食いのルール)はありません。そういう事は考えません」
「ロング・ショート戦略を取るのがヘッジファンドだが、もはやその本来の意味を実践しているヘッジファンドはなくなった。またヘッジは効率が悪い。利益を得てもそれに近い損失を抱えるからだ。」

→彼はヘッジには消極的ですが、ショートで儲ける事には積極的です。ファンダ派なので安ければ買うし、高ければ売るだけということ
「成功の事例に決まったパターンはない。2、3銘柄でうまくいった数年間もあれば、市場の流れにうまく乗った数年間もある。債権で稼いだ時期もある。決まったパターンはないという事実にこそメッセージがある。成功のための方法を定式化できると思ったら大間違い。すぐに変わるから。一時期うまくいっても、その後避けがたい大きな失敗が待ち受けている」
→聖杯や必勝法はないということです。また常に勝てる方法や市場を見つけて変化し続けないといけないということ
「大衆と反対の事をするのが逆張り。大衆は常に間違うというのはすでに決まり文句。つまり大衆に向かう者こそが常に正しいのです。逆張りで成功するには正しいタイミングで適切な大きさのポジションを取る必要がある。小さすぎれば意味はないし、大きすぎればタイミングが少しはずれればふるい落とされる。勝つためには勇気と決断、そして自分の哲学をよく知る事が必要」
→彼のこの信念と精神力は常人離れしており、あのブラックマンデーの日、彼のPFは90%近くがロングポジションで、記録的大損害を出しているにも関わらず、投げ売りするどころか、買い増したそうです。
「トレードの利点は多くの決断とミスをさせてくれるところ。それを糧にして私は長年賢明な投資家でいられる」
「昔は長期の投資家がヒーローだったが、今日では賢い奴がヒーローです。人々は長期トレンドを予想する能力に確信が持てなくなって(株を買って寝かせとけば上がり続ける成長の時代ではなくなったから)短期指向となっている。かつて投資家だったあらゆる人々がいまやトレーダーです。」

→反省と柔軟な変化と絶え間ない成長が大事
「(素人へのアドバイスとして)この仕事の魅力は時には全くの愚かな者が成功することがあるということ。そしてこれが不幸の始まりで、専門家でなくてもうまくいくんだなという気分になる。これが罠。だから大事なアドバイスは、とても競争の激しい仕事だと認識すること。そして株を売ったり買ったりする時には、人生の大半を賭けて努力している連中と競争しているのだと認識すること。あらゆる瞬間に彼らプロがあなたの売買の反対側にいて、結局あなたは打ちめされるのです」
→意訳すると「おい、素人、ラッキーで勝ったからって勘違いするなよ。お前らの敵は人生の大半を投資に費やして全てを掛けてるプロだ。簡単に勝てると思うな(#゚Д゚)ゴルァ!! 」って事
※邪推ですけど、ニフティ・フィフティ相場とかでファンダが分からない素人が、絶対買っちゃいけないような割高株を成長性だけを根拠に買いまくって、理解不能なほど株価上がりまくったりで、ショート好きのこの人は度々担ぎ上げられてムカついてたので、こういう事いったのかなと(笑)
「良いトレードとは、自分のアイデアを追い続けていく信念と、間違いを認める柔軟性の間のバランスで成り立っている。何かを信じる必要があるけれども、同時に多くの間違いを犯す。確信と謙虚のバランスは幅広い経験とミスから学ぶのが一番。反対側で売買している人間にも見通しがあるはず。なぜ彼は売るのだろう。自分の知らない何を知っているのだろう。常にそう自問すること。そうすれば、あなたは自分自身にも他人にも正直になれるに違いない。」
→自分に理解出来ない上昇や下落でやられた場合は、自分と反対売買している人の気持ちになるのは大事ですよね。自分の理解の及ばない何か(情報・予想・経験等)を持っている圧倒的多数の人が自分の反対陣営にいるので、逆らわない事。静観・・・時には乗る事も大事。そうすればトランプラリーに乗り遅れなかったのに・・・
ただ、これと、自分を信じて逆張り(暴落で拾う、暴騰で売る)のバランスが難しい・・・

▼余談▼
マイケル・スタインハルトも鬱病に苦しんでいたと書いている記事がありました。
やはりファンダの投資家で自分に絶対の自信がある人は損切をしないので、多大な含み損を長期間抱える事があり、精神的に相当辛そうです。
割安、または成長株だと見抜いて買った株が下がり続ける・・・その含み損の中で、自分のファンダ能力を信じ抜く精神力は並大抵ではないと思います。
ファンダの人は、「苦労して見つけた絶対上がる株だ!間違ってるのは市場で自分が正しいんだ」という信念と、そう簡単に他の優秀なファンダの株を見つけられないという事情で、簡単に別の株に乗り換えたり出来ません。
その点短期投機家は楽です。
気に入らないポジションはさっさと切って次の上がる株(ファンダ・テクニカル不問。なんかよく分からないけどとにかく上がる株)に資金を向けるからです。
ただ、下手な人は損切ばかりで結局儲からないということも・・・
逆に含み損に耐えるファンダ投資家は、ナンピン等してポジションを増やしているので、持ち株が適正株価まで上がった時や成長が顕在化した時に、莫大な利益を手に入れます。

つまり、
短期投機家・・・精神的な苦痛から逃げて目先の利益を追いかける
長期投資家・・・精神的な苦痛を甘受して将来の爆益を追いかける
とも取れます。

尚、短期投機家は「上手い」事が前提であり、長期投資家は「正しい」事が前提です。
そしてどちらもそれが一番難しい・・・

どちらがいいかは、結果論(同じ期間でどれだけ多く儲けたか)でしか計れません。

↓マイケル・スタインハルトの登場する魔術師


↓マイケル・スタインハルトの自叙伝


↓マイケル・スタインハルトの著作物


■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2016-12-09 16:34 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

昨日引け後、新興市場に衝撃が走りました。
ZMP上場延期!
新興崩壊のこのタイミングで、新興復活の起爆剤と期待されたLINEと並ぶ今年一番のマネゲIPOが延期され、PTSでは関連銘柄が悲惨な状況にっ!

しかし新興にはあのお方がいる!
そう!我らがそーせいっ!

塩漬けマン「殿!ZMP殿、出陣を目前にして撤退っ!御家来衆ことごとく討ち死にの様相」
FVC 寄らずS安
アトスパ 寄らずS安
アイサン -5%
テクノスJP -6%
ネクス -7%
ケンウッド -5%
日電計 -8%

そーせい候「むむっ・・・」
塩漬けマン「援軍に参っていた黒田殿討ち死に(-16%ストップ安)、安永殿瀕死(-17%)に候」
そーせい候「うぬっ・・・」
塩漬けマン「殿っ!このままでは夷敵の攻撃(外国人のマザーズ売り)に負けてしまいます!夷敵と和親条約を結んだ幕府(外国人が買いまくってる東一)は飛ぶ鳥を落とす勢い・・・このままでは日本の富は夷敵に奪われてしまいます・・・今こそ攘夷の時っ!!」
そーせい候「そうせいっ!!」
イグニス「先陣は拙者が承るっ!出るぞっ!ロリコン隊っ!(+16%ストップ高)」
メタップス「拙者も出陣いたすっ!大風呂敷砲(売上1000億目標)発射っ!(+18%)」
塩漬けマン「殿、+6%お見事でございます」
そーせい候「うむ、時に塩漬けマン、おぬし二日前に儂の事をなんと言っておった?」
塩漬けマン「・・・邪魔ですマザーズに必要な御方と」
そーせい候「時に塩漬けマン、おぬし儂の事をもう買わないと言ってなかったか?」
塩漬けマン「・・・言っておりませんっ!(。-`ω´-)キッパリ!!殿は私をお疑いか?(´;ω;`)ブワッ なんと情けないっ!」
そーせい候「・・・」
塩漬けマン「・・・(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪」

ということで、今日も日経絶好調で+230円で一時19000円奪還の18996円引け
今日も強いセクターは相変わらず強く天井知らずで上げる中にあって、弱かったセクターや小型にも物色の手が及びました。
朝撃沈していた医薬品セクターがエーザイ(+9.66%)を中心にリバっていたので、塩野義を買っておきました。
※医薬品セクターが復活したのは改正がん対策基本法が衆議院本会議で全会一致で可決されたからですが、今大型の材料感度が凄いです。まるでマネゲ銘柄のよう・・・

早漏君が循環物色を早めているので、その手が本格的に新興に及ぶのも近いかもしれません。
とりあえず今日はそーせいの頑張りもあり、マザーズ+1.85%

しかし、こうなると、直近大相場になっていて、思惑も続いており、大崩れしていない(=シコリが少ない)銘柄に投機資金が集中するのが分かっていたのに、メタップスイグニスを買えませんでした。
専業でマネーゲーマーで今日メタップスイグニスを買えないのはちょっと反省です。

上がってる銘柄を買う勇気がないのが塩漬けマンの欠点です。
このため、上昇トレンドに乗るのが苦手です。
投資においても投機においても、下がってる銘柄の押し目を拾うよりも、上がってる銘柄を買う方が儲かるのは分かっているのですが、どうも手が出ないです・・・
投資においては上がってる銘柄に乗るのは成長株投資であり大化けする銘柄では多大な利益が見込め、投機においては人気銘柄にイナゴるだけですが、短期で暴騰するので効率がいいです。
※投機においては天井で利益確定ちゃんと出来る人限定
『マーケットの魔術師』に出てくるウィリアム・オニールという成長株投資の人は買う銘柄に7つの条件があるのですが、その一つが新高値を更新した銘柄だそうです。つまり最天井かもしれないのにそのタイミングで買うそうです。勿論その他の6つの条件により、高い確率で大相場になる成長株だからこそ可能なインのタイミングです。

そんなイグニスメタップスを買う勇気がない塩漬けマンが選んだのはアスカネット(´・ω・`)ショボーン
我ながら逃げてるな~・・・情けないお(´・ω・`)ショボーン

●ホールド中銘柄含み損益●
クルーズ +200,366 +4%はお見事。そろそろ出港か?
DeNA +149,162 一時+4%まで上げたんだけどな~・・・マリオラン期待 > ZMP関連
アスカネット -2,209 (´・ω・`)ショボーン
フュートレック -32,281
フィックスターズ +279,294 一時-4%とかだったけど、よくリバったな~
ジェクシード +19,548 謎の低位マネゲ化はよ!
塩野義製薬 +1,587 ・・・上がらなかったらすぐ切ろう
そーせい +55,679 この強さ続くのか???
UMN +3,138 さすがにここまで循環物色が及ぶことはないよね・・・
オンコリス -48,278 引け後に新株予約権が発行された模様
昭和真空 +8,745 そろそろ循環物色お願い
東芝 +361,230 やっと調整かと思ったらプラマイ0で引けた。お見事
任天堂 +330,320 マリオラン期待かな+3.6%
メディアGL +12,000

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2016-12-08 16:26 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

いや~、凄いの一言ですね・・・
昨晩ダウが約+300ドルと謎暴騰して、開けた日本も円高なのに株高・・・

しかしいつものGUヨコヨコで辛い展開と思いきや、アイツがストップ高になってから雰囲気一変!
政府、東電向けの交付国債枠を9兆円から14兆円に拡大へ=関係筋
なんと東電がストップ高!!!!!!

塩漬けマン株始めたばかりの頃で、うろ覚えなんですが、アベノミクス初期の頃も、確か三菱自動車とかがストップ高つけて驚愕してませんでしたっけ?違ったっけ。。。

もう完全に大相場の初動を感じます。
しかも凄い勢いで水準訂正が行われています。
シャープが+9%→+9%→+9%(本日)と、もう第二次アベノミクスをどこまで先取りするんだいという上昇。
富士通も+6%
大型の材料感度が上がっています!

それもそのはず、先週も東一は個人が売って外人が買う展開で、もう外人はイケイケで日本株を買い漁っています
投資部門別 株式売買状況

そしてその割を喰らっているのが新興・・・
なんと日経+1.4%の今日、マザーズ-1%・・・
もうね、地獄ですよ。
マネゲ銘柄軒並み撃沈で、ちゃんと利確や損切が出来ない人は厳しい展開。
その象徴がそーせい
なんと-7%ブリグジッド、トランプショックを超えて絶対防衛ラインまで下落しました。

そして満を持してその最終防衛ラインに塩漬けマンも参戦ですっ!
この赤ちゃんの握力たった1枚だけど、そーせいを守ってみせる!

さて、今日も損切ばかりして辛い展開でしたが、ソフトバンク親子のショートで取ったのは我ながら偉いなと思いました。
国際石油開発帝石【空売】 -34,476 もうショートは止めた方がいい
SUMCO【空売】 -86,783 朝一逃げたのに、崩れそうだったから再度やって焼かれた
ドリコム 5,208 ソニーのソシャゲプロジェクトでみんゴルを担当するので一時ストップ高だったが、弱かったので微益撤退
※尚、アークザラッドを担当するオルトプラスディスガイア・夜廻りを担当する日本一ソフトウェア寄らずのストップ高
フォワードワークス コンテンツ発表会 “ForwardWorks Beginning” 開催
オンコリス -29,659 狙っていたのが上がってたのでJCして損切
ソフトバンク 29,507 天井ショート決めたのに、最後の上昇でビビって利確
ソフトバンク・テクノロジー【空売】 +100,267 ツールが止まらなきゃもっと上でショートしたのに
JMC -68,040 朝高でようやく反発かと思って買ったら、ただの本日IPO期待で、暴落した。いつまで下がるのこれ・・・
ダブルスコープ -22,103 弱い銘柄握っててもダメだと思ったので損切

はっきり言って、新興いじってる人って、アベトラノミクスの恩恵0どころか、マイナスですよね・・・
まさかシャープや東電や富士通買ってガチってればいい相場が来るとは・・・

多分資金の流れは、
大型の出遅れを経て、最後に新興(しかも来年かなぁ~?)に来ると思います。
それまで最近連続している新興崩壊が続くのかと思うと、気がめいります。。。

そんな中でもマネーゲーマー達は黒田精工に集まって果敢に戦っていました。
6日連続ストップ高後の今日(しかも昨日は寄らずのストップ高)、まさかの特売超絶GDスタートし、寄ってからゴングが鳴りました!
空売り出来る銘柄なので、思い思いに売り方買い方好きな方に張って、マネゲ開始!
20161208黒田

これ、超絶GDで寄った後、特買でプラ転寸前まで上げて、売り方を壮絶に焼いたかと思ったら、今度は一瞬で超絶ナイアガラして一気加勢にストップ安つけて、JCした買い方を皆殺しにして、後はもう訳の分からない材料・ファンダ・テクニカル無視の投機家の意地と意地がぶつかり合うノーガードの殴り合い状態。。。うかつに入ったら、ボコボコに殴られる奴だと思って観戦だけしてました。

さて、今日は朝DeNAを大底で買い注文入れたらやっぱりツールが固まり注文出来ず・・・これ通ってたら+9万でした。
この損切地獄の中、+9万逃したのは痛いです・・・GMOクリック証券のスーパーはっちゅう君は値動きが激しいと、使い物にならないです。

そこで対応策として、ただのはっちゅう君もインストールしました。
WEB売買ツールもリリースされてるのですが、WEBツールってユーザインタフェースの限界があったりして使いにくいですよね。
監視はスーパーはっちゅう君でして、注文ははっちゅう君でやれば問題ないです。
ただ、板注文出来ないのですよね・・・その代わり、予約注文という便利そうな機能がありました。

●ホールド中銘柄含み損益●
クルーズ +146,927 係留が続く
ディー・エヌ・エー +107,267 会見で出尽くしになったけど、朝最初暴落してビビりました
フュートレック -45,711 -10万行ったらナンピンしよう
フィックスターズ +283,357
ジェクシード +39,598 謎の低位株マネゲはよ!
そーせい -20,247 最終防衛ラインを死守せよ!
UMN -1,805 プラント稼働はよっ!
オンコリス -32,018 最後崩れた・・・
昭和真空 +7,998
東芝 +361,317 東電ぐらい派手に上げてもいいんだよ
任天堂 +227,469
メディアGL +16,800

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2016-12-07 16:06 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

昨晩の憲法改正否定で下げた翌日のイタリアの株価みて呆れました
+4%
何が憲法改正否定でレンティ辞任したら欧州金融危機で大暴落ですか!

さすがにブリグジッド、トランプに続き、3度目ですから、マスコミや専門家の言う事は一切信じず、ポジションも減らしていませんでした。
しかし震源地で+4%は凄いリバですね。

そして今日はソフトバンク祭り
契機はこれです。
ソフトバンク孫氏、米に5兆円投資 トランプ氏と会談
これを受けてソフトバンク関連大幅高!
ソフトバンク +6%
ソフトバンクテク +18% ストップ高
サイジニア +8%
ベクター +13%

ソフトバンクのアメリカ事業がやりやすくなるという思惑もあって、終日強かったです。

なんかこういうの見てると、空売りしたくなっちゃうんですよね。
今はこの思考捨てた方がいいです。
強い銘柄はより強く、上がらない銘柄は上がらない相場です。
昨日+9%ぐらいのシャープが今日も+9%とは恐れ入りましたし、三菱UFJもちょっと調整しただけでもう+2%です。
銀行もですが、東芝とか空売りしている人も地獄だと思います。
下がらないですからね。
SUMCOも空売りしたらいけない奴でした。
勿論、「空売りしてえ」なんて思ってるぐらいですから、ソフトバンク祭り乗れず(´・ω・`)ショボーン

とにかくこの円安水準が続くと、円安メリット銘柄中心に上方修正ラッシュですから、今のPERとか信用出来ません。
そしてその物色は依然大型円安株に向かっており、新興には資金が来ていません。

今日も直近賑わったマネゲ銘柄酷かったです。
安永 -18% ストップ安 リチウムイオン電池材料
日本アジア投資 仕手
アズジェント -16% ストップ安
オンコリス -18% 新薬中国マイルストーン契約
サイバーステップ -10% 謎上げ
GTS -12% 業務提携増資
エルテス -11% 直近IPO
兵機 -14% ロシア
花月園 -16% カジノ
イトーヨーギョ -6% 電線地中化
グローバルダイニング -7% 主人公バイト先
 フジプレアムと同じになる(GU寄り天撃沈)との予想通り
などなど

グローバルは昨日から読み通りの展開(昼売り禁含めて)なのに午前中に両建て出来なかったのは、時価総額が低すぎるのでマイルールで空売り禁止にしているからです。
でも両建てなら怖くないのでやればよかったとタラレバです(´・ω・`)ショボーン

そして、特にそーせいがここまで押しても、資金がこず、-3%の安値引けには唖然としました。
もう東一行ってほしいです。
邪魔です。

ただ、一部謎上げもありました。
黒田精工 +16% 材料6日連続ストップ高
アーク +26% 謎一時ストップ高
アークン +16% 謎ストップ高
グリーン +15% 謎ストップ高 調整後の反発にしても急激ですね

プロスペクト +73% ストップ高 増配

ここで思うのはやはり低位の破壊力です。
+73%ですかっ!
たかが増配、しかもここジャブジャブと思ってスルーしたら、圧倒的にストップ高張付いていました(´・ω・`)ショボーン
塩漬けマンの仕込んでるジェクシード(88円の低位)も謎のマネゲ化しないかな(´・ω・`)ショボーン

●ホールド中銘柄含み損益●
国際石油開発帝石【空売】 今日の原油在庫統計次第
クルーズ +161,990 朝出港しかけたのに
ディー・エヌ・エー +26,373 会見無難に終わらせて
フュートレック -35,140
SUMCO【空売】 -33,148
フィックスターズ +317,420
ジェクシード +9,648 低位パワーを見せておくれ
UMN +14,251
昭和真空 +4,050
東芝 +341,403 安定の強さだけどシャープぐらい派手に上げてもいいんだよ
ダブルスコープ +16,397 弱すぎ!心折れかけたよ
任天堂 +203,119 上値も重いけど、凄い円安メリット銘柄なんですけどね
メディアGL 8,400 ここの円安メリットも高いはずなんですけどね

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




2016-12-06 17:07 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

シャープが+8%ですか!
材料はこれですが、
シャープ戴社長、東証1部復帰後に退任意向
こういうのってマネゲ銘柄で起きることです。
東証二部で中小企業になり下がったとはいえ時価総額1兆ですよ。。。

こないだは三菱UFJが凄かったし、もう日本市場総マネゲ状態!
それもこれも、本来マネゲが起きるべき新興が弱いから・・・

とりあえずロシア祭りは起きていましたが、全面高でなく、一部の銘柄でした。
兵機 +24%
川上 +26%
ネポン +11%

後は連れ高レベル

カジノは本日、衆議院本会議で可決され、後は参議院です。
その直前上がったのですが、結局またしても撃沈しました。

塩漬けマンは持ち越してたオーイズミ日本金銭機械の空売りを寄付という、天井の方で決済してしまいました(´・ω・`)ショボーン

また空売りすればいいからという気持ちで決済したのですが、いざとなると、また空売りって出来ないです・・・

寄り天の後-4%ぐらいまで下がって(´・ω・`)ショボーン
衆議院始まる前にプラ転して最後の空売りチャンスも空売り出来ず(´・ω・`)ショボーン

日本金銭機械 87,161
オーイズミ 115,592
※10万ぐらい取りこぼしています。

とにかく、マネゲは材料出尽くしになるのだから、空売りは固いのです。
カジノ法案参議院通過で上がったら、今度こそ空売りしたいです。

ロシア関連も、首脳会談後は結果が良くても材料出尽くし、結果が悪くても暴落、とどっちにしろ下がるので、空売り出来る銘柄は空売りチャンスを虎視眈々と狙いたいです。

後は直近IPOが来てました。
エルテス +14% ストップ高
スタジオアタオ +6%
WASH +12%

やはりエルテスは一筋縄では終わらなかったですね。

びっくりしたのはアズジェントのストップ高です。
二日間の暴落は振るい落としだったのか~。

『君の名は。』の主人公がバイトしてたという理由でマネゲってるグローバルダイニングはストップ高張付きでした。
予定調和のように昼に売り禁が来て、様式美のように後場崩れて、運命の赤い糸で決まっていたかのように再びストップ高張付いて終わりました。
後は貸借で逆日歩期待ってことで、フジプレアムと全く同じ展開です。
明日からも同じような展開になると思います。
こういう展開分かりきってるので、次は初動で乗りたいです。

んで、最近何かしら低位が来るので、ちょっとチャートが怪しいジェクシードを買っておきました。

後は、ダブルスコープがようやく底打った感じだったので買って、逆に、上げ過ぎなSUMCOを空売り。
いよいよ半導体ウエハの値上げが出来ると、どこぞの証券会社が2000円に格上げしたそうですが、やりすぎでしょう。

後は原油を売りたいのですが、原油を売るのは怖いので、代わりに国際帝国石油を売っておきました。
なんか、コモディティも、投機的で、実需無視して雰囲気で動きますよね・・・
OPEC減産同意してもシェールが増産されるから正直50ドルが限界だと思うのですが、雰囲気で60ドルまで行きそうです・・・

最後の方にDeNAを拾って終了。
見えてるマネゲイベントには日ロ首脳会談の他にもマリオランリリースがあるので、ここはちょっと勝負です。
これもマネゲですので、おそらくマリオランリリースで材料出尽くし(=リリース天井)になるとは思いますが、トップセールスランキングという変数があるので、空売りするには怖いです。

東一へ行くセレスは終日強く+6%でした。
依然増資中で、今日も20万株行使されたようで、残りは20万株です。
増資爆弾の恐怖 VS 東一のブランドと需給
ですね。

特大材料系では黒田精工が寄ってからストップ高でこれで5日連続ストップ高となりました。
これ貸借なんですよね・・・売りも買いも怖いとはこの事ですね。
10年来の高値余裕で超えてますからね・・・

後は逆特大材料系では、フィンテックムーミンランド延期で暴落-27%
メッツァ開業時期に関するお知らせ
これ、-1%ぐらいの時に気付いたのですが、まさかムーミンランドで今まで上がってたなんて思ってなかったので、空売りするという気が回りませんでした。
凄いチャンスを逃した気分です(´・ω・`)ショボーン

引け後にモルガンが見せ板で株価操縦してたのが発表されてました。
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社による株式会社西武ホールディングス株式に係る相場操縦に対する課徴金納付命令の勧告について

↓ここからは想像なので話半分で読んで欲しいのですが、気になったのは以下の点

「見せ板により、他の投資者の買いアルゴリズム注文などを誘引」
これは前も、個人投資家でアルゴ誘発出来る事に気付いた人が、見せ板出してアルゴに買い上がりさせて、高値で売り抜けてて、捕まっていました。
やっぱりまだ出来るのですね。アルゴも所詮プログラム・・・馬鹿だという事です。

「見せ玉の板占有率(8本値):最高約80% 平均26.3%」
ちょっと「8本値」の意味が分かりませんが、全体の8割が見せ板だったとしたら、完全に一人芝居で、こういう注文は多分人間が出すのは不可能なので、モルガンも人間でなく、アルゴがやってた?かなと。
株価の現在値の上下8本までという事なら人間でも出せますかね。。。

いずれにせよ、これで最近の、仕手系以外のマネゲ銘柄について疑問に思っていた事の答えが見えたような気がします。
仕手株は、仕手が玉集めして、占有率を増やして、暴騰させて高値で売り抜けます。
その過程で振るい落としや寄らずストップ高があるので分かりやすいです。
※前も書きましたが、最近マネゲ銘柄全て仕手株のように簡単に仕手仕手って言う人多いですが、それは間違いです

そうじゃない、材料契機のマネゲ銘柄って、不意に出た材料で、仕手が集めてなさそうな銘柄なのに、ガンガン上がるのがありますよね・・・仕手がいないと思われるのに、仕手株のように上がる奴。
そういうのはアルゴと大口投機家と弱小イナゴが群がって仕手株ではないのに大相場になっていると考えていたのですが、今回の事件を見て、やはりそうなんだと思いました。

フジプレミアとかも、賑わっていた時の板の総数凄かったですからね。
「こんなに板出るの?!見せ板でしょ~」
って思ってましたもん。今は相当少なくなりましたよ。アルゴがいなくなったからでしょう。
※多分逆日歩10倍はおまけで、それがなくても同じようなチャートになってたと思います
後、約定してるのも、アルゴの自己売買多いと思います。
なので、上場来最高出来高とか簡単につけるのです。

昨日・今日のグローバルダイニングとかも出来高に誘発されたアルゴがアルゴを呼んで戦ってて、それに個人投機家が群がっただけじゃないですかね・・・
だって、材料が映画の主人公がバイトしてたお店ってだけですよ・・・まともな人間は買えないですから。

まぁ仕手株だろうとアルゴ主体のマネゲ銘柄であろうと、我々がやる事は一つで、株における唯一の真理である
「株価は必ず長期的にはファンダに収束する」
がありますので、適正株価以上に買われたマネゲ銘柄は必ず下がりますし、上昇が激しければ激しい程、急激に大暴落しますので、ちゃんと天井で売り抜けましょうという事です。
くれぐれもツイッターのポジショントークの買い煽りに騙されないようにしてください。

と・・・まぁ妄想ですのでスルーしてください。
ただ、アルゴが跋扈してる銘柄は素直に買えばいいという事(天井で売り抜ける前提)ですよね・・・見抜くのが大変そうですが・・・
後、妄想を膨らませると、仕手の中にもアルゴを操作出来る方法に気付いてる頭いいのがいて、利用してる気もしますが・・・

●ホールド中銘柄含み損益●
国際石油開発帝石【空売】 -2,027
クルーズ +155,051 一時出航しかけたのに
DeNA +8,479
フュートレック -6,570 やっときた!+3.9%
SUMCO【空売】 -8,618
フィックスターズ +337,484
ジェクシード -10,301 低位の循環来ないかな
UMN +21,308
昭和真空 +1,704
東芝 +313,489 鬼の強さ。シャープに負けるな
ダブルスコープ +41,058 +6%が復活の狼煙になるか
任天堂 +191,768 危なかった。もう少しで切るとこだったよ。マリオランまで握りたいんだよ
メディアGL +12,000

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)