2015-12-26 11:06 | カテゴリ:農業
こないだ農家の集いに行ってきました。
非常に心苦しかったです(´・ω・`)しょぼーん

だって、みんな「農業で生きていくんだ!」ってやる気満々のエネルギー満ち溢れた人たちの中に『自称投機家(笑)』が紛れ込んでいるのですよ(´・ω・`)しょぼぼーん

みんな農業を熱く語っている中、塩漬けマンは
「フィンテック祭りで爆益狙うぜ!農業なんかやめてーぜ」
なんて心の中で思っているのですから(つω`*)テヘ

さて、それとは別の機会に、水稲専業でやっている個人農家の友達に会いました。
かなり羽振りのいい奴で、「最近どう?」って聞くと、相変わらず、
「今年は儲かったから借金多めに600万返した」
「車ボロくなったから300万の新車買う」
「来年は1200万の機械買う」
「今年は補助金楽しみだな。300万ぐらい入るかな~♪」

と相変わらず景気のいい話ばかり。。。

こういう話すると、すぐ「農家は補助金ずるい!」とか怒る人いますが、彼、相当働いていますからね。

↓一人でやっているのですよ
・水稲 12町
・大豆や飼料米等転作作物 5町
・稲刈りの請負 8町
・乾燥機の貸出(何千万と設備投資して、立派な乾燥機4台ぐらい持っているので)を沢山
・飼料米の収穫のオペレータ

とかって言ってたかなぁ~

勿論何千万という借金をしています。

農家は優遇されてセコイ!と怒る人は、彼と同じリスク(借金)を背負って、彼と同じだけ働いてみてから怒って欲しいと思います。
多分「こんな辛い仕事出来ない」って逃げ出すか、「頑張っている農家にはもっと補助金を与えて優遇すべきだ」って意見変わると思いますよ。

働くも何も、都会の人は、夏の炎天下の中、30分、草刈機(刈払機)で草刈をしただけで、「やってらんね~」って仕事投げ出すと思います。
塩漬けマンがそうでした。
東京から帰ったばかりの頃、病気で倒れた父の代わりに、畑(わずか3畝ぐらい)の草刈をして、30分でダウンしました(ノω・、) ウゥ・・

「父さんや、これは僕には無理だよ・・・」

とわずか3畝の畑の草刈も終わらせる事が出来ないまま、家に帰ってビールを飲みました(つω`*)テヘ

畦道といえど、17町の水田を一人で草刈するのを想像してください。
考えただけで吐き気がします(ノω・、) ウゥ・・
※耕作放棄地を請け負って米作っているだけ(借りた土地)なので彼が草刈までやっているかは不明ですが。。。まぁ普通はやりますよね。
彼は相当な働き者なので、それ相応の収入は(例え補助金が多くても)あってしかるべきと思います。

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1127-540434f6