2016-03-19 16:25 | カテゴリ:雑談
株は所詮ギャンブルですから、ギャンブル漫画は非常に勉強になります。

今日は塩漬けマン的ギャンブル漫画ランキングをまとめてみようと思います。
※ただの麻雀漫画は除いています

□1位 嘘喰い
■脚本 100点
■作画 90点
■衝撃度 100点
■内容 
謎の賭博組織・倶楽部「賭郎」。日本を影で操るその組織のお屋形超えを目指す主人公のギャンブルを描く。知能バトルと暴力バトルが融合した独特の世界観。大人が読んでも面白いギャンブル漫画。むしろ難しいので大人が読むべき。作画は好き嫌いあるが、常に予想を裏切る大どんでん返しの展開は作者は天才でないかと唸るばかり。ただ、難しすぎて、前巻までの内容全部忘れているので、一気に読まないといけない。



□2位 カイジ
■脚本 90点
■作画 -100000000点
■思い出補正 100点
■内容
究極のクズ人間カイジがギャンブルで成功と破滅を繰り返す漫画。ギャンブル漫画が流行る元祖と言っていい作品。今のギャンブル漫画があるのは全てカイジのおかげと言っても過言ではない。絵に拘らない人は見て損はない作品。作画命の塩漬けマンが唯一作画不問で認めている作品。むしろ慣れるとあの作画が癖になる?ザワザワザワザワ

↓最初のシリーズ ※沢山シリーズある


□3位 LIAR GAME
■脚本 90点
■作画 10点
■どんでん返し 80点
■内容
お人よしのヒロインがお金を掛けて騙しあうライヤーゲームに巻き込まれて、天才の主人公が助ける展開。お人よしのヒロインのせいで、もうダメだろうってとこまで追い込まれてからの主人公による大どんでん返しがお決まりパターン。ドラマ映画になっているので一般的に有名な作品。



□4位 今際の国のアリス
■脚本 80点
■作画 80点
■気になる展開 80点
■内容
荒廃した東京23区に転生した主人公。そこではゲーム(「♠」 肉体型。「♦」 知能型。「♣」 バランス型。「♥」 心理型。)に勝たなければビザ(滞在期間)が切れて殺される世界だった。各種ゲームと人間関係が織りなす壮絶なストーリー。転生した世界の謎を解き明かしていく息詰まる展開。



□5位 トモダチゲーム
■脚本 80点
■作画 90点
■エグイ度 75点
■内容
友達と借金を掛けた謎のゲームに参加する事になってしまった主人公達。友達とは何か?お金が絡んだ時に現れる人間の闇の部分をえぐり出す展開。



□6位 賭ケグルイ
■脚本 60点
■作画 100点
■萌度 200点
■内容
ギャンブルの強さでヒエラルキーが決まる学園に転校してきた謎の天才ギャンブラー美少女が次々にギャンブルで勝ち上がっていく話。正直ご都合主義的な脚本は残念だが、萌作画で許してあげる。



□7位 アクマゲーム
■脚本 50点
■作画 80点
■いけ好かない 90点
■内容
大財閥のお坊ちゃん(イケメン・天才)がギャンブルで世界を救う的な・・・しょせん少年漫画的な展開。途中で読むの止めた。この漫画家の前作はドラマとかになってて人気になった勢いでこの作品もまぁまぁ話題に。

□8位 煉獄ゲーム
■脚本 40点
■作画 70点
■薄い度 90点
■内容
よく分からないけど命がけのゲームをやらされて、負けたら死ぬ。

□9位 神さまの言うとおり
■脚本 40点
■作画 50点
■最初だけ度 90点
■内容
なんかいきなり変なとこに連れてかれて、生き残るためにバトルロワイヤルする的な展開で、最初は物珍しさもあったけど、どんどん飽きていってもう読んでない。

□10位 ギャンブルッ!
■脚本 20点
■作画 30点
■覚えてない度 90点
■内容
ん~・・もう忘却の彼方です。

5位までは読んで損しないと思います。
他にもギャンブル漫画で読んだのあるのですが、思い出せないのはスルーしています。

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1171-f7d8e0c3