2016-03-06 08:43 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

以下の記事が出てPTSでLINE関連が勃起

LINEが夏前に東京とNYで上場、資金調達は最大30億ドル=IFR

時価総額 前回(1月7日の結果) PTSの結果(出来高) 貸借
アドウェイズ 241億 +16% +21%(3700) ×
エムアップ 40億 +17% +18%(16600) ○
ネットイヤー 54億 +20% +19%(18800) ×
メディアシーク 42億 +18% +18%(5800) ×
メディア工房 54億 +15% +16%(10300) ×
イマジニア 111億 +13% +21%(3700) ○
ネオス 39億 +11% +16%(2400) ○
GMOアド 76億 +3% PTS約定なし ×
メディアドゥ 144億 不明 +15%(2200) ○
フリービット 179億 不明 +1%(100) ×
ラクーン 92億 新人 +5%(3400) ○

エイチームは資本業務提携解消し、LINEとの子会社解散しているので関連銘柄でない
にも関わらずPTS+7%(4600)・・・マネゲって怖いっすね

※LINEとどう関わっているかは、ココの■LINEのところを参照

しかし、過去何回上場観測記事でLINE祭りが起きた事でしょう。
もう数えきれないほどです。
その全ての記事が大外れというのも凄いです。
そしてLINE祭りはさすがのマネーゲーマーにも飽きられて、どんどん縮小していっています。

前回1月7日には久しぶりに起きましたが、わずか1日で終了でした。

今回はどのぐらい続くのか・・・ただ、前回1月は暴落前でした。
今回は暴落後の反発局面です。
その辺りの違いがどう影響するかです。

上記の会社はラクーン以外はもう何年もLINEと取引をしており、上場しようがしまいが、会社の業績に関係はありません。
なのに、S高とか株価が上がるのですから、純然たるマネーゲーム以外の何物でもありません

となると空売りチャンスですが、見ていただいたら分かる通り、時価総額低いのが多い(まぁマネーゲームだから時価総額低いのしか上がらないのですけど)ので、非常に危険です。

難しいマネゲです。
買い方・・・寄り天のリスク、上がっても利幅抜けないリスク
売り方・・・踏みあげられるリスク、反発局面なので下がっても利幅抜けないリスク

どちらで参戦しても美味しくないのかもしれません(´・ω・`)しょぼーん

せっかくなので参加すると思いますが、踏み上げだけには注意したいです。

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1201-5db5f5c6