2016-04-10 02:26 | カテゴリ:所見日記
今季もう一つ面白アニメありました。

さすがノイタミナ枠、期待を裏切りません。

『甲鉄城のカバネリ』

キャストが凄い

監督は『進撃の巨人』などの荒木哲郎
脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの大河内一楼
キャラクター原案はマクロスシリーズの美樹本晴彦

最強の布陣を組んできました。


今んとこ、期待出来るのは、
ジョーカーゲーム・・・スパイサスペンス?
迷家‐マヨイガ・・・ホラーサスペンス?
甲鉄城のカバネリ・・・バトル物


継続審議が
くまみこ・・・のほほん日常アニメ?
ゼロから始める異世界生活・・・タイムリープ物?僕街の後だけにハードル高いよ?


坂本ですが?は漫画で読んでて、ガンダムUCはOVAで見ているので、とりあえずスルー

※まだ全部見ている訳ではないので、引き続きチェックしていきます。

さて、一応株ブログなので来週の予定ですが、ロングは気になるのを打診買いで、本命はやはり戻り売りです。
戻りの天井で再び売り転換します。
リバった円安銘柄と日経を空売りです。

そこではオプションのプットも仕込もうかなと思います。
日経の空売りで普段やってるマネゲと同様の利益を上げようと思うと、大量の資金と時間が必要となります。

今回日経ダブルブル空売りに約500万つぎ込んで、4日ぐらいで20万行かない利益。
一方のテイツーは130万つぎ込んで2日ぐらいで130万の利益。
資金効率、時間効率共にマネゲには及びません。
ただ、マネゲはいつ起こるか分かりませんが、日経空売りはいつでも出来て、高い確率で勝てます。
なので、日経も空売りしますが、いよいよオプションのプットの出番かなと。
※勿論オプションに100万つぎ込むなんてしないです。最初は10万ぐらいと思っています。

売り方に取って恐怖の日銀会合が4月27日(水)・28日(木)なので、その前にはプットは手じまうかもです。
ショートは臨機応変に。

ただ、日銀が万が一追加緩和したら天与の売り場です。
まさに天恵!追加緩和で暴騰した所を売り叩こうと思います。
勿論一瞬でも踏みあげられたくないので、日銀会合前のショートは手じまうか、両建てか、臨機応変にいきます。

最近アナリストの意見も半分に割れてて、日経上がるという人と日経下がるという人で、どっちが正しいのか分からない人多いと思いますが、下ですよ。
塩漬けマンは去年末辺りからずっと徹頭徹尾、「長期的には下降トレンド」と言ってきました。
その考えは変わりません。
※短期的には何回もリバするし、政治要因(財政出動や口先介入等々)や金融政策で激しくリバする事は勿論あります。特にイベント前(サミット、選挙等)。ただ、それによって長期上昇トレンドになることはなく、結局絶好の売り場となるだけだと思います。

上がるって言ってるアナリスト等は、下がるって言ったらみんな株買わなくなって、自分の仕事がなくなるから言ってるだけじゃないでしょうか。

最近外資がずっと売り込んでいますが、それが終われば一転買い来るというのは楽観的過ぎます。
外資は現物を売っていて、売り終わったら日本無視だと思います。
直近円高進行しているのに、日経あまり下げずに、公的のやりたい放題になっているのは、もはや、買う人はおろか、売る人すらいないからだと思います。

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1233-9fd62dc9