2016-05-14 09:29 | カテゴリ:所見日記
日経EPSが1,191.88となり、PERは13.77となりました。

最近PER14倍割れしたのは、去年の8月からの3回に渡る暴落時の2回目と3回目と、今年1月と2月の暴落時の4回だけです。

そして伊勢志摩サミットが5月26日・27日にあります。

さらに安倍首相が消費増税延期路線を明確にしました。

消費増税再び延期 首相、サミット後に表明/

ファンダ的にもイベント的にも政治的にもロング優勢となっています。

ただ、外部要因はショート優勢です。

■中国のコモディティ需要復活は偽物の可能性(住宅バブルわざと起こしているのでその需要)
=バルチック海運指数の上昇あてにならない

■ダウ調整入りのチャート
・・・昨日発表の指標は概ね好調だったのダウ下げました
※ダウ調整を予想してVIX買ってるのに、全然上がらない!!やっぱりダウ売るならダウCFDじゃないとだめですね。VIXは~~ショック!とかで暴落しないとあんまり上がらない。尚ダウETFは閑散としててほとんど死んでるので売買出来ない。

■アメリカ大統領選挙
ヒラリーさんはメール問題で苦戦しています。まさかのサンダース候補がここへ来て優勢となっています。
共和党はトランプさんでほぼ決まりですし、もう3人の誰がなっても日本に取っては悪影響しか見えません。
ウルトラCはトランプさんが大統領になって、安倍さんがトランプさんと仲良しになること・・・ブッシュ小泉コンビのように・・・
※ブッシュ時代は米官僚が日本に不利な事をしようとするとブッシュさんが「小泉を苛めるな!」って守ってたみたいですよ

■イギリスEU離脱問題
6月23日の国民投票迫ってきました

■ギリシャ問題
今年もやってきましたギリシャ問題。もはや様式美


塩漬けマンは既に昨晩のナイトでオプションのコールを買っています。
ただ、軟調なダウと為替につられて下がりましたね・・・

尚、このコールは伊勢志摩サミットまでの短期勝負です。

日経は以上ですが、新興は非常に危機的な状況で、正念場を迎えています。
時価総額上位の銘柄で合格決算を出した銘柄ありませんでした。

もはや頼るのはブランジスタ見えざる神の手だけという神頼み状態。
そーせいがコンセンサス通りの決算でどこまで粘れるかですよね。
ただ、グリーンJIG-SAWがやばいです。

指標が崩れると、新興全体に波及して軟調になる可能性が高いです。
問題は軟調で踏みとどまるのか、崩壊するのか。
尚、崩壊となるとファンダも好業績も関係ないです。
全面大暴落です。
逆に、狙ってる銘柄の押し目チャンスですが、難しいのは、崩壊がどこで止まるのかの見極め。
※崩壊中の中途半端な所で拾うと火傷します。

ただ、最近の新興を見てると、異常に強いので、もうマザーズ先物始まるまで大丈夫なんじゃないかという楽観的気持ちもあります。

来週からは「日経買い新興売り」の相場になる事も想定して、以下のように戦う銘柄選択を進めていこうと思います。

・日経は押してて好業績の銘柄
・新興は崩壊時に拾う銘柄
※材料株マネゲはしっかりやる


■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1265-d66f08c3