2016-09-10 17:06 | カテゴリ:雑談
今話題の新海誠監督の映画『君の名は。』を見てきました。

「君の名は。」興行収入60億円も見込む好スタート!

大ヒットが伝わるや、さっそく市場は東宝の株価を1日で6%上げ、その後の7連騰に導きました。

見た人全員が大絶賛し、あまりにも塩漬けマンの中でハードルが上がっていたので、「大丈夫かな」って思ってたら、ハードル上がってるのに、それ以上に面白かったです。

内容は一切言いません。
まだ見てない人のネタバレになったらいけないので・・・この映画は予備知識0で観た方が楽しめますよ。
映画評論記事とか見てたら、内容書いてるのがあって、
「ふざけんな!ネタバレすんじゃねぇ!」
って思いました。

ネタバレしない程度で紹介すると、この映画は1分1秒見逃してはいけません
ALL伏線です。
全シーンに意味があります。
リピーターが多いと言われている意味が分かりました。
ついついもう一回見て確認したくなります。

何しろ↓は映画のポスターの一枚ですが、ここから既に伏線です。
映画を見てない人にはただのポスターですが、映画を見た人は「まじかっ!すげっーー!!」ってなります。
kiminonaha1.jpg



さて、新海誠監督ですが、勿論デビュー作から知っています。
『ほしのこえ』は監督・脚本・演出・作画・美術・編集などほとんどの作業を一人でやった短編アニメで、ローカルなのですが、多数の賞を受賞し、その中には第1回新世紀東京国際アニメフェア21 公募部門の優秀賞もあり、実行委員会委員長の石原慎太郎都知事から「この知られざる才能は、世界に届く存在だ!」と絶賛されました。

新海誠監督を世間で有名にしたのは『秒速5センチメートル』
この作品は海外の有名な賞も受賞し、石原慎太郎の評価は見事的中し、新海誠の名前は世界に轟きました。
アジア太平洋映画祭アニメーション映画賞 受賞
イタリア フューチャーフィルム映画祭 「ランチア・プラチナグランプリ」(最高賞) 受賞。


ただ、このアニメは鬱アニメですよ。
見る人は気を付けて下さい。
見た後塩漬けマンは「女って最低だな」って思って鬱病になりかけましたよ(´;ω;`)ウッ



尚、塩漬けマンの中での鬱アニメTOP6は以下の通りです。
・火垂るの墓 泣かない人はいない。アメリカで上映された時は、入場の時に一人毎にティッシュ箱一つ配られたらしい
・耳をすませば あまりにまばゆい青春群像劇で、自分の青春時代と比べてしまい鬱になるらしい
・秒速5センチメートル ただただせつなさしか残らない
・新世紀エヴァンゲリオン 元祖鬱アニメ。説明の必要なし
・無限のリヴァイアス 夕方の子供対象ロボットアニメなのに人間関係どんどん崩れていくドロドロアニメで●イプあり宗教ありの滅茶苦茶
・機動戦士Zガンダム 主人公最終話で精神崩壊するという少年ロボットアニメにあるまじきエンディング

こういう有名な人だったので、『君の名は。』も楽しみでしょうがなかったです。
とにかく絵が綺麗で、新海アニメの神髄ここにありって感じで、脚本はデビュー作から一貫している、観たらすぐに「あぁ、新海さんだなぁ~」と感じるTHIS IS 新海ワールドに引き込まれます。

尚、『君の名は。』を見た直後に『シン・ゴジラ』を見てしまい・・・シン・ゴジラの面白さ半減でしたね・・・
シン・ゴジラの伝えたかった社会的なメッセージや風刺「原発事故、戦争シミュレーション等々」は面白かったのですが、『君の名は。』と比べて映像と脚本の質に圧倒的な差を感じてしまい・・・(´・ω・`)ショボーン

尚、こういう感動系のアニメが好きなら、監督は全然違う人ですが、『心がさけびたがってるんだ。』もお勧めですよ。



■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1382-599e9636