2016-09-16 16:21 | カテゴリ:所見日記
■今日は所用があるのでコメント返信出来ませんが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

いよいよ日銀会合、FOMCまで残り2営業日の今日は、ショートしてた人が買い戻しに走ったのか、堅調展開。
ショーターに取っても、イベントは恐怖ですからね。

一方の人気銘柄は、もうイベント持ち越し覚悟で早漏君が買いに動き出す展開で、結構上げていました。
また四季報が発売されたので、四季報相場も起きていました。

とりあえずデイで+20万ぐらい
+30万はいけたな~・・・

ソフトブレーンが四季報に「受付システムでIBMワトソンと連携」と書かれてて一時ストップ高。
+10%ぐらいで気づいてインして、ストップ高ゲットでうはうはだったのに・・・崩れましたね・・・

これがこないだのブログで書いたAGI(本物の人工知能)に一番近いと言われているIBMのワトソンです
※IBMはワトソンをAGIとは認めておらず、コグニティブ・システムと呼んでいます

変な買いも入っていたので、空売り貯める奴かなと思って安心してたら、利益吹っ飛ばしました(´・ω・`)ショボーン

ただこの材料は二日前にも出てて、ストップ高して昨日撃沈した所でした。
それで既存の情報が四季報に載ったぐらいでここまで上がるのは、「仕手がいて、昨日の撃沈は振るい落としって奴かな」と思っての投機的思考での参戦でした。

また、そもそもこの銘柄はチャートを見ていただけたら分かる通り、仕手株です。
フュージョンとかが株を買い占めて、以前マネゲ化しました。
こういう怪しい銘柄は、ほとぼりが冷めたらまたマネゲ化するのです。

一度仕手化した銘柄が、しばらくしてまた仕手化する理由は仕手からしても仕掛けやすいからだと思います。
仕手にとって一番怖いのは予期せぬ既存大株主の売りです。
※以前マネパが仕手化した時に、一気に暴落してマネゲが終了しましたが、変更報告書が出て、既存大株主の楽天証券の売り抜けでしたよね
一度仕手化した銘柄は、その時に売りたい既存大株主は売っているはずですし、少なくとも、前回の株価までは残っている既存大株主は売ってこない可能性が高いです。

よく仕手株のチャートを見ると、仕手る少し前に材料出てないのに急騰して、行って来いして、大きな上髭付けてる銘柄が多いです。
あれは仕込んでいる仕手が、株価上げたら売ってくる既存大株主がいるかチェックのために急騰させているのです。
ついでに握力弱い個人の玉も吸収して占有率を増やします。

後問題になるのは、以前の相場の時に上で捕まってるJC投資家のシコりですが、十分時間が経って、出来高が細ってヨコヨコの銘柄は、ちゃんと損切する人は損切しきっています。

残っているのは損切出来ない凍死家です。
彼らは悪い意味で握力強いので、また運よく仕手化して株価上がっても、
「やっと株価戻ってきた!ラッキー!逃げよう」
とはならずに
「ここまで耐えたんだから、買値までは絶対売らない!」
ってなって、さらに買値を上回ったら手の平クルクルして、
「まだまだ上がるぜ!売るはずないだろ!爆益ゲットだぜ!!」
ってなって結局売らないのです。

そして、前乗り遅れたイナゴが飛びついてくるので、株価はスルスルと上がっていきます。

てなわけで、ソフトブレーンが思惑通りストップ高張付いた時は勝利を確信したのですけどね(´・ω・`)ショボーン
ちょっと弱すぎましたね・・・もう分からないので持ち越しませんでした。

火曜日はイベント前の最後の日になります。
今日のようにショートもロングもポジション調整が起こり、神経質な展開になると思います。

尚、今日は直近IPOが凄く賑わっていました。
塩漬けマンの公募当選したノムラたん以外・・・(´・ω・`)ショボーン
あれですかね、どこかの證券会社と同じ名前なのがいけなかったのですかね。。。

でも最初は凄く上がったのですよ!
吸収金額5.25億円
公募:960円
初値:1,450円
高値:1,699円
終値:1,385円


吸収金額の低いIPOが午前中に、しかもたった1.5倍で寄るなんて奇跡ですよ。
IPO最盛期だったら軽く2倍は行きます。
※そして初値高すぎ寄り天なんですけどね。。。

こうなると需給の問題なので、業務内容など無視で「これは大丈夫」と初値で買いました。
んで、急騰した天井で売り抜けれたらカッコいいのですが・・・最初寄って、少し撃沈した時に、赤ちゃんの握力を発揮して、最安値で損切・・・した直後ガンガン上がって、急いで買い戻したけど、それも微益撤退して・・・後はもう入る勇気もなく見ているだけ。

最終的には撃沈したので逃げれてて良かったですが、もったいない事をしました。

今日のIPO祭りの主役は串カツ田中カナミックでした。
100店舗出店計画とかの成長期待串カツ田中が+13%
値がさ株IPOは上がるという投機的理由で田中に連れてカナミックが+12%
カナミックは業務内容も投機家を呼ぶ魅力がありますしね

ただ、両銘柄とも、前場撃沈していたので、終わった感凄かったので、底でイン出来た人はずっと狙って監視していた人だけだと思います。
後でインした人にはなかなか厳しい乱高下でしたよね・・・
値がさ株IPOは上がるというのは結構頼りになるアノマリーなので、カナミックは監視しておけば良かったです(´・ω・`)ショボーン

●ホールド中銘柄含み損益●
神島化学 +672,000 もっとリバって~
CFD:ダウ・ナスダック【空売】 -100 ダウのショートは心折れそうになるね

でも、『投資で一番大切な20の教え』にはこう買いてありました
「私が知る投資の成功例には、はっきりとした共通点がある。多くの場合、挑戦的な逆張りで、居心地の悪さがつきまとう。」
みんなと違う事をしているので不安になるのです。しかしアメリカ人が、このすっ高値にも拘わらず、安心してリスクプレミアムを求めずに買うという矛盾した行動をしている今こそ、実はロングはハイリスクローリターンショートはローリスクハイリターンなのです。。。多分ね(´・ω・`)ショボーン

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1388-83708486