2013-03-17 18:50 | カテゴリ:所見日記
突然ですが、会社を辞めることにしました。
そしてIT業界からもおさらばします。

ついに専業トレーダーデビュー?!

違います。さすがにこの成績で株で生きていく自信ないです。

農業をします。
会社にいる時は勿論、家に帰ってからもバグに怯え、寝る前もプログラムの事が頭から離れず、夢の中では障害対応にてんやわんや・・・もう限界です。
見えない物を作るのは向いていません。

しかし人間の価値観なんて時間の経過と共に180度変わりますね。

20代の頃にもある農業をしないかという話があったのです。
ある作物の水耕栽培でした。

その話を聞いた塩漬けマンは
「はぁ?○○で生活出来るだけ稼げるの?てか農業なんて負け組みがやる仕事でしょ。やるはずないじゃんっ!馬鹿じゃない?」
と一顧だにしなかったです。

勿論馬鹿は塩漬けマンでした。
知人がその農業やってるのですが、仕事は午前中で終わって午後は昼寝とかしてるそうです。
※ビニールハウスなので夏とか午後仕事したらリアルに死にます。
それで年収300万。借金返し終わったら(10年かかる)年収は倍の600万だそうです。
完全に勝ち組じゃないですかっ!

その人もこんなこと言ってました。
「東京にいた頃はつぶれそうな会社で終電まで仕事して・・・本当に地獄だった。今は天国だよ。」

残念ながらその農業は最低5千万初期投資掛かるので、今は補助金も出なくなり、R資金等の融資も厳しくなってるので参入は出来ないのです。

ただ違う形で農業の話があって、就農するなら今しかないっ!って感じなのです。
タイミング的にも年齢的にも最後のチャンス!

若い頃は自分には無限の可能性があると思っていたし、何でも出来ると思っていました。
いい意味でも悪い意味でも若造でした。

自分の限界や能力を知ってIT業界で生きていく自信を無くしている今、違う業界で全うに生きていくには農業は最適かなと・・・30代半ば・・・今から全く違う業界に転職して、違う仕事は(特に営業とか)厳しいです。

小学生の頃は山に登って、眼下に広がる田畑を見下ろしながら、
「何でこんな田舎に生まれたんだろう。絶対東京に出て成功するんだ!」
って思ってましたが、今は
「土地持ちの田舎に生まれてよかった♪もう都会の生活とか疲れたよ。田舎でのんびり暮らしたい」
って思ってます(つω`*)テヘ

さて株ですが、勿論続けます。
というか今まで以上に本気でやらないといけなくなりました。
なぜなら就農して最初の一年は研修なので補助金生活。
二年目以降も年収は200万~300万ぐらい。
軌道に乗っても、借金返すまで(10年かかる)は経営厳しいので、年収400は行かないと思います。
(まぁ今の会社で年収300万円代の社畜やってるよりかはましだと思います。特に精神的に)

なので株でお金は稼がないといけないのです。
今までは余裕資金で、極端な話0円になってもいいやってお金でしたが、これからは絶対に儲けないといけないということです。

頑張りますっ!
こんなへたれが農業やって、株やってどんな人生を送るのか・・・
もしこのブログを見ている若い人がいたら、塩漬けマンを反面教師にして、より良い人生を送るためにはどうしたらいいのか、参考になれば幸いです。

高校生の人がいたらこう助言します
「やりたいことは大学で見つければいいやって先送りせず、真剣に今から考えて、それを実現するために最適の大学、又は専門学校に行ってください」
大学生の人がいたらこう助言します
「合コンや趣味に没頭してないで、真剣に勉強して、やりたい事が仕事になるような業界で、より良い企業に就職してください」

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/139-d2e332e6