2016-12-11 16:08 | カテゴリ:勉強や投資情報
投資の勉強で読んだまとめ記事のまとめです。

◆ファンダ

『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』
著者:ハワード・マークス(リーマンショックで最も稼いだ巨大ファンドを運営)
まとめ:ファンダメンタルの割安投資で逆張りを推奨

『ファンダメンタル投資の教科書』
著者:足立武志(多数の株式関連書籍を出版している公認会計士)
まとめ:ファンダの超基本が書かれています
蛇足:真面目に株を勉強して真摯に取り組んでいれば、ファンダ派でなくても知ってる内容というぐらい基本です

◆テクニカル

『伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術』
著者:カーティス・フェイス(伝説の投資家リチャード・デニス作った常勝トレード軍団の優等生)
まとめ:リスク管理と損少利大が協調されたトレンドフォローシステムトレード
蛇足:大昔の先物の話。タートルをやめてからはお金に困る生活の模様。また師匠のリチャード・デニスもリスク管理のミスで破産している

◆クオンツ

『ウォール街の物理学者』
著者:ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール(物理学者なので物理学的な見解が書かれている)
まとめ:数学者や物理学者が投資に関わりだした歴史・系譜やその考え方の導入書

『ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち』
著者:スコット・パタースン(経済紙記者)
まとめ:有名なクオンツ達の栄華と挫折が紹介されている
蛇足:ノンフィクション小説風に脚色もあると思われる

◆その他

『フラッシュボーイズ 10億分の1秒の男たち』
著者:マイケル ルイス(ノンフィクション作家・金融ジャーナリスト)
まとめ:HFT業者に高速ネットワークを提供する会社を軸にHFTについて書かれている
蛇足:作家なので脚色はあると思う

『ウォール街のアルゴリズム戦争』
著者:スコット・パタースン(経済紙記者)
まとめ:電子取引所を作った孤高の天才レヴィンを軸に歴史を追って取引所の電子化からアルゴリズムが全盛になるまで描かれている
蛇足:メディアに出たことのない無名の天才レヴィンをよくここまで調べたなと。脚色はあると思いますが、元SEなので非常に面白かったです。

『マーケットの魔術師』
『マーケットの魔術師』感想 「先物と通貨」その1
『マーケットの魔術師』感想 「先物と通貨」その2
『マーケットの魔術師』感想 「株式トレーダー」マイケル・スタインハルト
『マーケットの魔術師』感想 「株式トレーダー」ウィリアム・オニール
『マーケットの魔術師』感想 「株式トレーダー」デビッド・ライアン
『マーケットの魔術師』感想 「株式トレーダー」ジム・ロジャース
『マーケットの魔術師』感想 「株式トレーダー」マーク・ワインスタイン

『世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち』
著者:マイケル・ルイス
まとめ:サブプライムローンのバブルを見抜いてショートポジションを取った男たちの苦闘。映画にもなっています。

『人工知能がよ~く分かる本』
著者:神崎 洋治
まとめ:AIについて網羅的に紹介。AIとAGIの違いについてしっかり解説

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1480-c59b329d