2017-01-17 16:45 | カテゴリ:所見日記
■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事がありますが、コメントは勿論大変嬉しく励みになりますのでお気軽にどうぞ■

グノシーが昨日好決算でストップ高で今日も前場は大幅高でした。
塩漬けマンが前回の好決算から押した所で何回も何回も粘着してて、仕込めてないタイミングで上がって、諦めてた奴で悔しくてしょうがないですが、これ父が決算前に仕込んでいました。

そもそも父が例の日経会社情報読破成長株投資法で見つけた銘柄ですからね。

今日も朝+20%以上に上がっていたので、お祝いの電話をしたら、
父「昨日売ったよ」
塩漬けマン「( ゚д゚)ポカーン」

投資でも投機でも一番大事なのは売り時です。
それぞれの投資法によって売り時は異なります。

塩漬けマンのやっている材料株マネゲ暴騰即売が原則です。
※大相場になる材料は初動大金投入ガチホ→常にこれは目指す
※大相場になる材料でも初動でなければ大金投入はリスク高いのでやらない

今新興を沢山売らずに持っているのは、フュートレック以外材料がまだ出てないですから。
今持ってる新興の含み益は新興循環物色という市況で上げた奴で、所謂底値仕込みに成功したので、後は材料が出るのを待っている状況です。
なので、決算期というのもあって、なるべく業績のいいのを仕込んでいるつもりです。

材料が出た後のフュートレックは売るタイミングを逃したので、次のイベントであるili発表会1/31に向けて再動意をお祈りしている段階です。
又は、資本業務提携しているみらい翻訳ログバーの上場とかっていう材料がホールドしている時に飛び出せば最高です。

一方、父のやっている成長株投資の売り時は、上昇トレンドに乗ったら、後は四半期決算で成長鈍化した時が売り時です。
上昇トレンドにうまく乗れば爆益ですから、ちゃんと成長株を選べる人は大きく利益を出せます。
それまでホールドしないといけないのに、父は日経会社情報を精査するという多大な努力をしておいて、結局決算ギャンブルで微益抜いて満足しているという・・・まさに利少損大でこれではジリ貧です。

まぁ塩漬けマンもグノシー粘着してて逃しているので人の事言えませんが・・・
尚、父は相変わらず日経会社情報で記載されてる年単位の、しかも経常利益しか見てない風なので、
「成長株投資なら、経常利益なんか意味ないから!営業利益を見て。さらに言えば売上増えてないと意味ないから!売上を見て!
【売上 > 営業利益 |超えられない壁| 経常利益】
経費削減とかで営業利益増えててもそれは【成長】じゃないから。売上が増えて初めて成長なんだよ。んでみんな四半期決算を見て動いているのに、父さんだけ年単位の決算予想見てたら勝てないからね!」

※IFRSだと経常利益がなくなって営業利益に含まれているので、IFRSの会社は財務諸表を見て営業利益の中身まで精査しないと本業の成長なのか特益なのか分からないです。
ともう5回ぐらい言っていますが、頑固なので頭に入らないようです。
なので、決算ギャンブルの精度低いです。
父「業績いいのにどうして決算で下がったんだろう」
塩漬けマン「それ、売上増えてないじゃん。四半期決算よくないじゃん」
って事何回もありました。

ただし、グノシーは今日壮絶な上髭でシコリで需給が悪化したと思われるので、成長株投資といえど、直近はイン出来るタイミングではなくなったと思います。。。が。。。ファンダはチャート需給無視で買ってくる人いるので、直近上がるか下がるかは分かりません。
なので、上がる前に買った人は余裕を持ってガチホ出来るので、上がる前のポジションは大事なのです。

尚、割安株投資をしている人の売り時は、各々のファンダ分析により適正株価になった時です。
それまでは損切もせず下がったらナンピンしてガチホ。
時間とお金の掛かる代わりにローリスクです。
時間掛かる可能性高いので、高配当銘柄でインカムゲインも狙いたいですよね。

尚尚、テクニカル投資をしている人の売り時は、勿論テクニカルで売りサインが出た時です。
ただし、買いたい、又は売りたい時に、色々なテクニカルを駆使して根拠を探しているだけの、後付けオカルトテクニカル投資をしている人は、雰囲気で売買をしてください。
テクニカル投資をしている人は一貫性が大事なので、例え市況が良くてまだまだ上がりそうでも、売りサインが出たら売った方がいいのが悩ましいですよね。

さて、話は父との電話に戻って、父の雰囲気が余裕綽々なのです。
父「お前まだロング持ってるのか?」
塩漬けマン「勿論」
父「俺はロングなしで、日経レバ含めて、昨日しこたま空売り仕込んだぞ<( ̄^ ̄)>エッヘン」
と自慢げに言って来たので、慌てて電話を切りました。

他人と比べたり、競争したり、嫉妬したり、対抗したり、議論したり、ましてや口論したり・・・こういうのは投資家心理的にマイナスの影響しか与えません。
ムキになって正しいトレードが出来なくなります。
「俺は俺の考えだけに従って100%自己責任で投機をしているんだから、精神を乱し、相場観が狂うような事を言ってくれるな」
と思いました。

尚、塩漬けマンもヘッジでショート仕込むべきだったと後悔しながら、前場大底で日経レバを買って、リバ取り(+39,630円)したのは、日経レバをショートしている父への当てつけではないですよ<( ̄^ ̄)>エッヘン
↑心乱されてやってはいけないトレードをしている例

しかし、父の一貫性のなさも凄いです。
年末帰った時はネットマネーという雑誌の個人投資家の特集を読んで、
父「やっぱり成長で化ける銘柄を仕込んで放置しておいた方がいいのか・・・短期はやめる」
と言っていたのに、ちょっと市況が悪くなるとノーポジどころか空売り転換・・・
まぁそれは正しい投機行動だと思うのですが・・・父がグノシー日本ライフライン等を見出したのは相当下の時なので、その時からガチホしてたら爆益なんですよね・・・
調整前にノーポジはいいですが、ちゃんと一旦売った銘柄を調整で同数だけ買い戻せる能力がある人でないと爆益を逃します
※塩漬けマンの神島化学みたいにね。売った後上がりまくりやがって(*`・з・)プンプン
そう思って今日は結構落ちていたビジョンを買い戻しました。

さて、ダウも軟調で円高も進んで、イギリスのメイ首相がいよいよEU離脱で、トランプ大統領も就任で市況がどんどん悪くなっていますが、こういう時こそ、短期マネゲで日々利幅を抜いて行かないといけません。

ですので、菊池製作所が以下の材料を出していたので買って、ストップ高張付きましたが、弱かったので大引けで利確しました+60,744年
医療機器にAR活用 菊池製作所が装着型ディスプレー

ARアイドルで乱高下の末二日連続ストップ高ユークスや、ちょっと前ではイグニスアイフリークもですが、今AR/VR材料は強いです。

ユークスの今回の材料。
※勿論内田Pの知名度が思惑を下支えです。
「AR performers」公式サイト - ユークス

今日動いていたIGポートも元々VR関連ですしね。

↓最近はこの映画も材料視されてる模様
※製作委員会の序列二番目にIGポートがいます
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜

『君の名は』の日本アジア投資、『この世界の片隅で』でテアトルと、マネゲの実績が出来てしまったので、アニメ映画もマネゲ材料としては大きくなってきました。

●ホールド中銘柄含み損益●
クルーズ +92,994 もう沈没しそうだよ!
フュートレック +450,652
モルフォ +97,141 +3%と謎の人気
ブレインパッド +281,557
フィックスターズ +392,599
セレス +141,432
アイリッジ +142,651
そーせい +32,488
ケミプロ化成 -12,064
東洋合成 +38,034
JMC +15,397 もう限界や
日本郵政【空売】 +15,148 これ値幅取れない奴だね
平田機工 +25,317 引け後に『自動車関連大型受注に関するお知らせ』を出した!すげえ!!
昭和真空 -18,250 逆戻り
インターアクション -53,066 いつも朝は強いのにね・・・
ビジョン +1,177
メディアGL 16,800 よこよこ
協立電機 -11,200 よこよこ
トレイダーズ -48,000 やっちまったなぁ~

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1504-e070fc0a