2012-10-27 18:17 | カテゴリ:失敗談
今日は塩漬けマンが初めて体験した仕手株についてです。

株を本格的に初めて一ヶ月ぐらい、「何かいい株ないかな~」
と株ニュースを見ていました。

「最近復興関連が熱いって言ってるな~。
 よ~しっ、この日本橋梁ってのを買ってみるか」

日本橋梁・・・株をやってる人なら聞き覚えがあるはず・・・
そうっ!5日連続ストップ高を記録したあの銘柄ですっ!
それをなんと塩漬けマンは上昇が始まる1日前に買い注文を出していたのですっ!

しか~しっ!塩漬けマンは馬鹿です(´・ω・`)しょぼーん
成行きで注文せずにけちって指値で注文していたので、買えませんでした。

そして次の日ストップ高
→「ええええっ!ま・・・まじで・・・も、もう買えないよね・・・」

そして次の日ストップ高
→「ななななっ!い・・・今から買っても大丈夫かな・・・いや・・・さすがに」

そして次の日ストップ高
→「ももももっ!も・・・う言葉もない・・・」

そして次の日ストップ高
→「・・・・・」

そして次の日ストップ高
→「・・・死にたい・・・」

結果わずか5日で250円→1150円に・・・

しかし復興関連というだけでこれだけ上がるのでしょうか?
勿論否ですっ!
そう、これが正に仕手株だったのです。

仕手の例は以下の通りです。
1、仕手筋が低位株で、出回る株数の少ない銘柄をひそかに信用買していきます。
2、出来れば悪材料が出た銘柄等で同時に信用売りも増えていく銘柄がベストです。
3、そして信用買い、信用売りが膨らんできた状態で一気に信用買いを現引きします。
4、株不足になり逆日歩発生
5、さらに追い討ちをかけるように、怒涛の買いを行います。
6、信用売りしていた投資家は株価上昇と逆日歩のダブルパンチに耐えかねて、
  信用返済買いを行います。
7、仕手筋・仕手に乗りたいその他投資家・空売りしていた投資家の信用返済買い
  これらのトリプルアタックで株価は天井知らずに上昇!
8、そして株価上昇祭りが終わると後夜祭へと突入。
  仕手で上昇した株は上昇前まで下がるのが常なので、
  空売りをしてさらに金儲けをするのです。

そんなこととはつゆ知らず、単純に復興銘柄だから上昇していたと思っていた
塩漬けマンは馬鹿だったのです(つω`*)テヘ

しかし塩漬けマンはただの馬鹿でありませんっ
大馬鹿なのです(`・ω・´)キリッ

今回の件で仕手株を学んだ塩漬けマンは意気揚々と
次の仕手株に手を出すのでしたっ!

その結末やいかにっ!続きはまた今度~

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/19-9cad5223