2018-03-10 09:34 | カテゴリ:仮想通貨
前ArcBlokのICOに参加すると書きましたが、結果報告です。

======前のブログ抜粋=====

※時間は適当
10:00 トークンセールスタート
10:01 ビットフライヤーからイーサリアム送金
10:13 イーサリアム分売り切れ
10:16 塩漬けマンのイーサリアム着金確認

・・・つまり、売り切れ後に着金したので間に合わなかったです。

■失敗
取引所から直接送ってはダメ。ウォレットから送るべきだった
※多分その方が早いし、ICOの注意書きに「取引所から直接送金したら永久にイーサリアムが失われる可能性があります」って書いてありました。
セルフゴックスしたと思ってドキドキでした。送信先ウォレットに着金が確認されて助かりました。

■懸念
参加が間に合ったのか?間に合ってないならちゃんと返金されるか?

================

まず、塩漬けマン、超基本を理解していなくて、イーサリアムのトークンのICOは必ずERC20に対応したウォレット(MyEtherWallet等)から送金しないといけません
取引所から直接送金してはいけません。
※イーサリアムのトークンだけど前参加したMGOとかは取引所から送っても大丈夫だったので・・・ビットコインで参加したんだけどね

ですので、ICOの時間に間に合わなかった疑惑と、取引所からイーサリアムを送るという過ちを犯した状態でその後どうなったのかと、ArkBlockはスキャム(詐欺)かどうかという視点に注意しながら読んでください。

ちなみにArcBlockを
■スキャムと疑っていた理由
・プレセールがある
・アフィリエイトがある
・大手企業後援だけど、本当に大手過ぎて逆に嘘っぽい

■スキャムじゃないと思っていた理由
・参加金額に上限があって、しかも結構低かった
・参加金額の下限は凄く低かった
※スキャムだったら上限なしだし、最低参加金額が凄く高い(10万円以上とか)

まず最近のICOというのはKYC(顧客確認)が厳しいです。
写真や運転免許証は普通に必要です。

そこで塩漬けマンやっちまいました・・・ファーストネーム(名前)とラストネーム(苗字)を逆にして登録するという日本人にありがちな間違いをしました。
でも免許証のコピーも出してるし、見たら分かるだろうから、通るかな?って思っていたのです。

すると、速攻ArcBlockから「Please note the English name format.」という間違い箇所を指摘したメールと同時に「以下をクリックして修正してください」というメールが来ました。
この時、「スキャムだったら、カモを逃がさないために来るもの拒まぬで登録OKにするからスキャムじゃないかも」って思いました。

この登録時にイーサリアムウォレットのアドレスを登録するのですが、そこにはしっかりと、MyEtherWalletのアドレスを登録しました。
んで、上記にあるようにトークン売り切れまでに間に合ったか間に合わなかったかギリギリのラインで取引所から送金して待ってました。

すると、ArcBlock公式HPで自分のアカウントでログインしたら見れるのですが、送金したイーサリアムが表示されていた履歴がなんと消えていました!!
今までは送ったイーサリアムの量が表示されていたのに・・・
ここで「やっぱりスキャムか?!」って思いました。
だって履歴が消えるのは、まずいでしょ・・・
しかし慌ててはいけません。ブロックチェーンは偉大です。
ブロックチェーンを確認すれば、イーサリアムがどう動いたのか確認出来ます。
すぐに確認して、どうやら、塩漬けマンのイーサリアムがどこかに送金されている事が分かりました。
送金されたから表示が消えた?・・・さらに送金先のアドレスで調べると、いろんなアドレスからその送金先にイーサリアムが集約されているような送金が行われていました。

しかし、ブロックチェーンで送金履歴を追う事は出来ても、出来るのは待つことのみ・・・するとメールが届いて
「ABT(ArcBlockトークン)を配布するか、イーサリアムを返金するかの準備をしています。しかしKYC登録されたイーサリアムのウォレットアドレスと送金されたウォレットのアドレスが一致しません。どちらのウォレットを使用しますか?(ERC20に対応していますか?)。新しいアドレスを登録しますか?これらはイーサリアム返金時にも大事になります。24時間以内に回答してください。」
と聞いてきました。
ここまで対応してくれるならスキャムじゃないなって思いました。
しかしこのメールに気づいたのが届いてから25時間後で、1時間期限遅れて回答しました。

その後またメールが届いて、
「申し訳ありません。トークンセールに参加出来ませんでした。イーサリアムを返金しますが、KYC登録されたアドレスとイーサリアムが送金されたアドレスが一致しません。どちらに返しますか?取引所でない方を選んでください。」
と聞いてきました。
んで、KYCで登録したアドレス(MyEtherWalletのアドレス)を選択すると、無事イーサリアムが返金されました。

ここで思ったのは
・ちゃんとMyEtherWalletウォレットから送金していたら、もしかしたらトークンセールに参加出来てた?
・確実にArcBlockはスキャムではない(スキャムだったらこちらにも瑕疵があるのだしイーサリアムを返さない)
・ArcBlockの対応は完璧だったので、ABTトークンも期待出来るかもしれない

※勿論ArcBlockが流行るか、価格が上がるかは分かりません
という事です。

さすがにもう取引所を新規に開設するのは面倒くさいので、バイナンスに上場してくれないかな・・・

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓中国大手「OKCoin」出身のChangPeng Zhao氏が設立した、多数のアルトコインを取り扱い、短時間で大手取引所に成長した香港取引所。口座開設はこちらからどうぞ


↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)






↓コメントはツイッターからどうぞ ※忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。
ツイッターアイコン1
トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/1908-a9848150