2014-08-21 15:50 | カテゴリ:所見日記
今日は日経新聞に「自動運転車普及へ法整備 経産省が検討会立ち上げ」と報じられて
「ITS祭りくるか!」
って思ったら、ドーンがストップ高行った辺りから様子がおかしくなり、なぜかG空間祭りが開催されました・・・
確かにITSもG空間も親戚と言えばそうですが・・・
今回何が上がったかは今後参考になると思いますし、G空間も含めてITSのまとめをしようと思います。

まずITSが大きな相場となるにはITSで注目されているZMP(非上場)という会社が上場するタイミングが一番マックスになると思います。
今日のように再々ITS(及びG空間)はニュースになる度にプチ祭りが起こると思いますが、ZMPの上場を見据えて動いたほうがいいと思います。
※ZMPが上場するかは不明

■ITSのみ
○インターアクション ソニーがITS参入でソニーと取引があり車載カメラに必須のCCD/C-MOSイメージャ世界シェア一位
63億 18.83% ソニーITS参入報道で暴騰開始。まだ初動と思われるが、過熱感は意識しないといけない

○クラリオン 事業推進本部を立ち上げ、安全運転支援システムを育成。日立グループの連携で俯瞰システムなど自動駐車に注力
1255億 -0.45% 今日のニュースでは反応しなかったのは直近上げすぎだったからか・・・時価総額が大きいので本命にはならないが、ITSと言えばクラリオン

○ユビキタス ルネサス製の車載情報端末向けの高機能SoC「R-Car M2」に対応した、高速起動ソリューション「QuickBoot」および、ドライバーズ認証ソリューション
126億 8.6% ITSというよりは車のIT化という感じ

△萩原電気 歩行者認識技術開発中。自動駐車も手掛ける
113億 0.47% 不人気なのかまだ気づかれていないのか・・・アイサンと共にITSに注力している

△ベリサーブ 高度道路交通システム(ITS)のソフト検証で先駆的
49億 1.02% 動きが鈍い。ITS関連として意識されていないのか、検証というビジネスモデルが不人気なのか

△ルネサス 車載用マイコンで世界首位。公共バスを使用した世界初の商用ITSの実証試験を中国長春市政府と共同で実施し、成功等、ITSへ積極的に取り組んでいる
1兆超え 3.66% 時価総額の関係で暴騰はしないが業務的には本命

△ルネサスイーストン ルネサス子会社。車載用マイコン関係
130億 1.1% 動きは鈍い

△ゼンリン 地図先駆。新たなITSの礎となる先端地図技術開発
456億 0.42% 動きは鈍い

△JVCケンウッド ZMPと合弁会社を展開、資本提携関係
344億 1.64% 他事業も多いし、動きは鈍いがZMPとの関係で注目したい

△ソニー 「車の目」参入 来年から量産 自動運転車に弾み 車のIT化、電機成長の柱に
2兆超え 0.77% ITSを電機成長の柱にする気合いの入れようはいいが、時価総額高すぎと他事業が多いので・・・

△パイオニア パイオニアの保有する車載機器向けの地図や車両位置情報などの交通ビッグデータと、ドコモの保有するクラウドサービスを連携させた新たな車利用者向けサービスの開発、及びITSテレマティクス分野への本格的な事業参入に向け、両社は業務・資本提携に合意
1187億 2.27% ITSへの取り組みは良いが時価総額が大きい

■ITS+G空間
◎アイサンテク 自動車の自動運転公道実証実験をZMP、名古屋大学と共同で実施予定。G空間を利用しITSに注力。荻原電気共同でITS展も開催している。
73億 19.28% 時価総額的にも業務内容的にも本命だが、不人気銘柄

◎ドーン 地理情報システム(GIS)構築ソフト『ジオベース』をリソースとしたソフト受託開発
24億 27.7% G空間の本命はドーンの模様。またITS関連としてもときどきストップ高記録している

○ビーマップ JR・道路など交通関連、位置情報、画像配信サービスを展開
48億 12.41% 地理空間活用でG空間銘柄

■G空間のみ
△イメージワン 衛星画像の販売等を手掛ける
14億 13.82% 地理空間情報フォーラムに参加

△豆蔵 G空間に社会における山岳遭難防止対策モデル 構築事業
120億 10.28% G空間として強く意識されている模様

というわけで、塩漬けマン的には、以下の銘柄を中心に動くと思います。
アイサン・・・これははずせない。G空間+ITSでZMP関連でもあるし、ITS展覧会を開くなど、超積極的。ただ、今日張り付かなかったので、不人気ぶりが顕在化した。インするのは押すまで我慢する
クラリオン・・・大型はこれを仕込んでおけばよさそう。ただ、インするのは押すまで待つ
萩原電気・・・歩行者検知はITSの最重要技術と思う。まだ実用化出来ていないが、出来たら吹くと思う。アイサンと組んでITSへの取り組みも積極的。まだ気づかれていないなら、チャンスだが、この手の業態の銘柄は上値は重いし、PER・PBRも割安で放置される不人気業種なので歩行者検知が実用化されるまで過度の期待はしないほうがいい
ドーン・・・G空間+ITSは強い。押すのを待ってインしたい

そして今塩漬けマンが持っていて、二日連続ストップ高中インターアクションですが、正直はかりかねています。
初動っぽいですが・・・マネーゲームでは売り時も大事・・・「初動 VS 売り時」心の中で葛藤しています。
ただ、今回のマネーゲームでITS=インターアクションというイメージは定着したと思います。

●確定損益●
なし・・・特大材料出るまで待つ方針に従い、デイしたいのを我慢・・・多分正解・・・監視マネーゲーム銘柄はテックとアスカ以外弱いし、G空間祭りなんて、気が付いた時は全銘柄天井でしたよ。。。アイサンを除いて・・・

●仕込んだ銘柄●
サイバーダインが増担解除4日目クリア。
明日暴騰しなければ解除なので、とりあえず買ってみた。
→明日解除思惑で暴騰したら売る。暴騰しなければ明後日まで様子見

●今日の特大材料●
車載用温度センサーの大泉独ロバート・ボッシュに採用(なんでも時価総額6兆とか)で圧倒的ストップ高
材料的にはどうかと思うが、大泉が低時価総額・低位でかつ、相手が巨大企業のため、人気化
大泉祭りが続くようなら、株主のOakキャピタルとソマールが連れ高のマネーゲームが起こるかも

●ホールド中銘柄含み損益●
富士フイルムホールディングス -8,335 エボラ
ハピネツト【空売】 +88,347 妖怪ウォッチ収益貢献しないのに上げすぎ
インターアクション +299,246 ITS(CCD/C-MOSイメージャ) ※二日連続ストップ高
サイバーダイン -140 増担解除四日目クリア
萩原電気【長期】 2000 ITS(歩行者検知/自動駐車)

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/648-5acf9a14