2014-09-23 18:27 | カテゴリ:所見日記
どうやら月曜日はプチカジノ祭りだったようですね。
今回のプチカジノ祭りで上がったのは以下です。

アビックス +27.07%
ストライダーズ +14.7%
テックファーム +14.58%

コモンウェルス +9%
アドアーズ +6.04%


こないだはカジノでイチケンが賑わっていましたが今回は-1%
カジノ関連は祭り毎に人気株が変わります
因みに大型(セガやコナミとか)は全くの無風・・・大型を仕込んでいる塩漬けマンとしては悲しいです。
こういうのを見ていると、所詮マネーゲームなので、小型マネーゲーム株だけ仕込んでいた方がいいような気分になります(´・ω・`)しょぼーん

ただ、テックファームはいつのカジノ祭りでも上がっているし、「本当にカジノ関係あるの?」っていう銘柄が多い中、本当にカジノに関係ある銘柄なので、塩漬けマン的にはカジノの本命はテックファームと思っています。

さて、今日の本題、今気になっている銘柄です。

※塩漬けマンは買い推奨とかはしません。銘柄情報は、あくまで塩漬けマンが気になっているだけであって、上がるか下がるかは神のみぞ知るです。
※マネーゲームではイン・アウトのタイミングが何より大事ですので、いい材料でもタイミング次第では大損します。
※ホールドしているとか、していないとかも関係なく公平に情報を提供しようとしています。ですので、昨日も、持ってもいないKlabのラブライブを持ち上げましたし、持っているグリーやセガにマイナスな情報も書きました。
※勿論今日紹介する銘柄も持っていない銘柄です。みんな、塩漬けマンより先に買っちゃ駄目だお!(冗談です)・・・というか塩漬けマンがこれらを仕込むかどうかも不明ですし・・・

今、マイクロ流体の材料で朝日ラバーが暴騰しています。
そしてその波は同じくマイクロ流体関連でiPS培養に応用という材料で構造計画を暴騰させています。

マイクロ流体!だったらいい銘柄があります。

■菱洋エレクトロ
【時価総額】319億
【業種】独立系半導体商社
【PER】21.3倍
【PBR】0.53倍
【予配当利回り】2.64%
【有利子負債】
【自己資本比率】80%


時価総額が大きく、商社というのはマネーゲーム的にはマイナスポイントです。
一般的な評価では割安でしょうが、商社でPER21.3倍は割高と思います。
ただ、財務の健全性では群を抜いています

さて、肝心のマイクロ流体材料ですが、こちらです。

菱洋エレクは2013年12月19日午前11時、米国のタクタス・テクノロジーとの資本提携を発表。タクタス社の優先株式237万6425株(発行済株式総数の2.37%)を取得し、日本国内における総代理店権および海外代理店権を得た。14年1月期業績予想に与える影響は軽微だが、当該ビジネスにより、2016年度で5億円の売上を目指す

そしてこちらが続報です。

2014年3月13日 Tactus、タッチパネルにボタンを浮き上がらせる技術を解説

ここで注目すべきは、売り上げ目標はたったの5億・・・菱洋エレクは1000億を売り上げる企業ですので、ゴミみたいなものです。
ただ、「Tactusの技術を応用したiPad mini用ケースを2014年9月に市場投入とあります。

今までの経験上、マネーゲームにファンダ的思考は完全無視で問題ないです。
売上目標たった5億とか関係ありません。
朝日ラバー、構造計画を暴騰させているマイクロ流体材料で、早くも市販品が登場するというインパクトがマネーゲーム的には大事なのです。
とはいえ、時価総額が大きく、商社です。朝日ラバーのような大暴騰を期待してはいけません。

ただ、チャート的には、ここ六ヶ月下降トレンドで、ようやく底を打って(?)三角保ちあいに突入。
一目均衡表的には、雲抜けにチャレンジという所です。
従って、短期的視点のチャート的には買いづらくないと思います。


次に紹介するのは、中々面白い材料を持つ銘柄です。

■船井電機
【時価総額】442億
【業種】OEM事業兼業のAV家電中堅
【PER】4,258倍 ※ほぼ赤字企業なので
【PBR】0.53倍
【自己資本比率】64%


時価総額が大きく、事業の主力が競争の激しいテレビ事業・・・そして通期黒字予想も、四半期決算でいきなり下方修正・・・これって通期赤字転落の下方修正も来るやつでしょ!!!
ダメダメ企業です。なのに時価総額も大きいし、マネーゲーム的にも駄目です。

その事を経営陣も分かっているのか、新分野の事業を育てて、事業PFを改革しようとしています。
その改革内容が材料的に凄いのです。

船井電機、非接触充電など3事業で売上高300億円狙う-ポートフォリオ再構築

アスカネット・車載機器・・・アスカネットのAIプレートを利用した車載3Dタッチディスプレイシーテックに出展
ワイヤレス給電・・・携帯機器向け(2015年1月商品化)を手始めに、自動車、店舗向けなどに対象分野を広げる
国策介護・・・電動歩行アシストカー(経済産業省主催のロボット介護機器開発・導入促進事業に採択)を開発し、ワイヤレス給電も搭載予定

全ての材料が熱いじゃないですか!
そのせいか、前の下方修正で暴落した二日後には反発開始で、直近では上げすぎでした。
ようやく押してくれたのですが、まだ下がりそう・・・材料だけしかない会社・・・どうしよう・・・

ちなみにワイヤレス給電の本命企業は長野日本無線と思っていますが、こちらも、船井電機に負けず劣らず、ダメダメ企業なのに材料だけは豊富(ワイヤレス給電、水素)で、低時価総額、低位とマネーゲーム要素豊富なので暴騰・暴落を繰り返しています。
船井電機と長野日本無線は材料株マネーゲーム的には魅力的ですが、それ以外は危険な銘柄と思います。

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/678-fad6dd0c