2015-05-23 14:32 | カテゴリ:所見日記
仕手について書かれた『銭華』って昔の漫画があります。

↓以下で無料で見れます。違法ではない奴ですよ
http://dokuha.jp/comicweb/contents/comic/zenibana

昔の漫画なので絵が塩漬けマン的には完全にアウトでしたが、それを差し引いても相当面白かったです。
たった3巻なので、1~2時間で読みきれますよ。

バブル時代の話なので、今ではこういう仕手戦は無理と思いますが、参考になりました。
仕手の本尊はやはり、浮動株の買占めを一番気にするようですね。
自分以外が株を大量に保有するのを嫌うのです。

自分が大量に買い占めたら、売り抜けるのが大変になりますが、株価を暴騰させる株価操縦はやりやすくなるからです。
んで、漫画の中で本尊が証券会社に指示して、「出る売り玉は全部買い尽くせ!」なんて指示しています。
今だとネット証券でイナゴが仕手化した銘柄はパソコンやスマフォでサクっと買いまくるので、証券会社に指示して、売り玉を買い占めるなんて無理ですね(´・ω・`)しょぼーん

また、やはり誰も気づかない間に人知れず狙った銘柄を仕込んでいるようですね。
ま、そりゃそうですよね。
自分が底値で沢山仕込んでいないと、買い上げる意味がないです(´・ω・`)しょぼーん

しかし、今では市場参加者が多様化したので仕手筋も大変ですね。
個人イナゴ(しかも最近は億り人多数なので弱小個人でなくなってる一騎当千の蝗(イナゴ)が無数に群がってくる恐怖)にクジラのような桁外れな大口機関、空売りもガンガン出来る鬼畜外資に、極めつけはHFT業者が駆使するアルゴリズム・・・

ただ、今では昔みたいな仕手戦は難しいとはいえ、直近で大相場になった、倉元、クボテックなんかは昔の仕手戦に近い感じがしました。
漫画では暴騰後に一度暴落させる【振り落とし】も描かれていました。
倉元クボテックも振り落としありましたよね。
そして浮動株が仕手本尊に買い占められたのか、その後の株価は本尊の思うがままって感じでした。

漫画なのでオーバーに脚色されて書かれていると思いますが、バブル期の兜町が漫画で描かれてるような世界だったとしたら、株やってるって言ったら世間から白い目で見られるのも納得だと思いました。

だって証券会社の窓口で主人公が公然と仕手戦して、勝利したら、見ている周りの人達が「兜町に新女王誕生だ!」とか言って拍手してるのですよ(笑)

業界新聞だって仕手戦のためにあるかのような書きっぷりでした。
仕手本尊の言われるままに提灯記事書いて・・・まぁこれは今でも同じような事している業界新聞ありますが・・・(´・ω・`)しょぼーん

これ、今風の絵が書ける漫画家(※濡れ場が多いのでエロシーンも得意な漫画家・・・及川徹さんとか、大暮維人さんとか、士貴 智志さんとか)で今風の仕手戦でリメイクして欲しいです(´・ω・`)しょぼーん

ギャンブルだからって決して福本伸行さんに書かせてはいけないんだからなっ!!
※ネタ分からない人は名前でググって下さい。福本さんの作画で濡れ場なんて三日連続ストップ安級の衝撃ですよ(ノω・、) ウゥ・・

※及川徹さんの作画を確認したい人は「及川徹 新世界より」でググるといいです。エロシーンしか出てきませんが、「新世界より」はエロ漫画ではないですよ。なんか有名なSF小説が原作らしく、相当面白かったです。アニメ化もされていますが、作画が微妙だった(京都アニメーションに作って欲しかった)のと、26話と長く、さすがに中だるみするので(26話が苦にならない人は、一応ネットでは一時神アニメと話題になっていたのでお勧めです)、アニメとかなり話が変わってますが、7巻とコンパクトにまとめられている漫画版もお勧めです。
ちなみに漫画版は↓でちょびっとだけ立ち読み出来ますよ。
http://www.animatebookstore.com/tags/?tag_id=1712471575449&tag_name=%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%88%E3%82%8A

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/912-d2c9ede2