2015-06-19 18:58 | カテゴリ:所見日記
ギリシャ支援の会議は物別れに終ったのに、ダウ・日経とも強かったです。

そんな中、今日はブイキューブが絶好調でした。
ドローン関連として一番期待している銘柄だったものの、意地の悪い値動きで手放してしまい、気がついたらドンドン上がっていて、(´・ω・`)しょぼーん と眺めるだけでした。

それで悔しい思いをしていたら、なんと昨日ドローン材料が出たのに、上がっていない銘柄がありました。
モバイルクリエイトとその子会社の石井工作研究所です。

高性能ドローン開発 新会社設立、新技術「大分から発信」

ドローン関連事業開始及び共同出資による子会社設立のお知らせ

まずそもそもドローン材料からおさらいです。
ドローンの材料自体は自動運転等に比べて弱いです。

去年までドローン銘柄(※低時価総額)はイメージワン(時価総額18億)ぐらいしかありませんでした。
しかしイメージワン卸売であるため、ドローンも輸入販売する程度で材料性に欠ける銘柄でした。
低時価総額の意地を見せて、ちょいちょい吹きましたが、結局今は調整しています。

業務的に本命っぽかったのは菊池製作所(時価総額180億)です。
多数の企業(85社)が出資する千葉大ドローンベンチャーと組んでドローンの開発に乗り出していたからです。
その材料が出て、一回吹きましたが・・・今では株価は低迷しています(´・ω・`)しょぼーん

そのような不甲斐ないドローン銘柄に今年1月、颯爽と登場したのがブイキューブ(時価総額188億)です。
Rapyuta Robotics社に出資し、ドローンを開発すると発表したのです。

Rapyuta RoboticsのHP ←メンバーの経歴が凄そうなロボット関連の会社です。

Rapyuta Robotics株式会社への出資に関するお知らせ

しかしながらブイキューブも低時価総額とは言えない水準です。

そして本日新たに登場したドローン銘柄
モバイルクリエイト
【時価総額】181億 ※低時価総額ではないけど、菊池・ブイキューブと同等
【予想PER】13.29倍 ※マネゲ銘柄基準では低い
【PBR】5.24倍
【日証金貸借】1.04倍
【機関空売】ドイツ銀行:135,700株(約1億) モルガン:122,400株(約9500万)
こいつらどこにでもいるな・・・割高でもなく、上がり過ぎでもないのによく空売りしてるな
【株主構成】四季報での浮動株は9%と低い水準です。

石井工作研究所 ※モバイルクリエイトが株式の32.6%を保有する
【時価総額】31億 ※来た!!これは低い!!!
【予想PER】14.12倍 ※マネゲ銘柄基準では低い
【PBR】0.44倍 ※普通に低い。まぁ赤字企業だったからですけど
【継続前提に重要事象】四季報だと継続前提に重要事象とありますが、平成27年3月期決算短信には「継続企業の前提に関する注記 該当事項はありません。」となっています。
まぁマネゲ的には倉元クボッテクの例があるので、継続前提に重要事象や疑義注記ぐらい付いてて欲しいものですが(´・ω・`)しょぼーん
【株主構成】筆頭株主のモバイルクリエイト32.6%、持株会11.6%、それ以外の大株主は石井一族が多い ※ただし、占有率はそれほどでもないので、浮動株はある程度ありそう

今回の材料ではドローンを実際に作るのは石井工作研究所です。
そして時価総額を見れば、石井がマネゲ化するのは必然と思われます。
また、今回作る新会社は株式上場を視野に、世界的に成長していける企業を目指す(By モバイルクリエイト社長)」と、相当大風呂敷を広げています(o,,〃ω〃)o スゴォ~ィ♪

↓まとめると役割分担はこんな感じでしょうか
モバイルクリエイト GPS移動体通信、自立飛行プログラミング技術
K―STAGE(【新会社】ciDrone) 設計・販売
石井工作研究所 製造・量産化

ポイントは「30~40キログラムの積載で30分から1時間飛行できるものを実用化する方針」との事ですので、法人ターゲットでしょう。
40キロ積載出来れば確かに農薬散布にも使えます。
とにかく積載量が多くて、バッテリーが長いほど、用途が増えるのでここは頑張って欲しいです。
また、ドローンの安全性に対する懸念が出ている事を見据えて、「ドローンのモーターやバッテリーなどの性能をチェックする検査装置を開発」し、「機体の飛行能力や制御プログラムを検査する事業」も行うそうです。

これについては、
「ドローンの検査装置はモーターや電子回路が正常に作動しているかどうかを診断する。既に1号装置は完成しており、「乗用車の車検のようなシステムを提案していきたい」(山田社長)。」
だそうで、ドローン規制はむしろ追い風となる可能性があります。

さて、肝心の石井工作研究所ですけど、長引く赤字経営で株価はズタボロとなっています。
しかし資産をどんどん売り払って、今期黒字予想まで立て直しました。
塩漬けマンは短期マネゲですので、あんまり関係ないですけど、一応。。。

さて、塩漬けマンは今日両方仕込みました。
勿論マネゲですので、高値で売り抜けようと思っていますが、どの程度の相場になるか慎重に見極めたいです(`・ω・´)キリッ
ただ、ドローン材料はマネゲ的には弱めというのは意識しておいた方がいいと思います。
しかし石井工作研究所低時価総額はマネゲ的には何にも勝る特大材料というのも事実です。

※こういう記事書くとネットに転載する人いますが、止めてください。また私の名前を出しての両銘柄の買い煽り等もご遠慮願います。買い煽りをするのでしたら、ご自分の名前と言葉で行ってください。

あ、そうそう、余力が少なくなってきたので、動かないシステムソフトを切りました -10000円ぐらい。

●ホールド中銘柄含み損益●
クルーズ +141,091 FFGMβテスト無事終了。近日中に要望に対する方針発表。という事は、方針を決めて、修正してリリースという流れですかね。重い修正でなければリリースは早そうなので、問題は事前登録開始がいつになるかですね。
アトスパ -77,851
モバイルクリエイト +3,812 さすがにこっちは動かない
田中 +187
アイサン +3,826 ドローンに負けるな
石井工作研究所 +61,616 とりあえず初日ストップ高。どこまで行く?
マミヤ -61,625
神島 +62,000
VIX短期先物指数 約-40万 また最安値の方に来てる・・・今が買い時かもよ?
ハンセンベア +28,300

↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shiodukeman.blog.fc2.com/tb.php/942-413cf7b9